座談会・記事・アンケート・裁判關係書類


     【座談会】

1940.1.1/1.7   青年に一鞭   (國民新報 座談会)

1940.8.13-20   文人の立場から―菊池寛氏等を中心に    (京城日報 座談会) 小林秀雄 中野實

1940.12      朝鮮の『新體制』と「指導者と民衆」問題を語る   (三千里)

1942.5.14-17   兵への道を訊く座談会  (京城日報 朝刊)

1942.11.7-8    日本の印象を語る(上)(下)    (朝日新聞)  

1942.12      大東亞文學者代表座談会   (緑旗)

1944.1       東京對談 (朝鮮畵報) 




      【記事】

1939年

1939.11.28   お手の物の名文も加へ 前線へ慰問袋 文人協會銃後の赤誠   (京城日報 夕刊)

1939.12.20    一家揃って『香山』姓へ 創氏の喜びを語る李光洙さん       (京城日報 インタビュ―記事) 


1940年

1940.1.11    完全に日本國民に    (京城日報 インタビュー記事) 

1940.1.21     新しい時代の惠み  一家をあげて                   (國民新報 インタヴュー記事)

1940.2.11    『氏』に沸く朝鮮 けふから受付開始/『朝鮮藝術賞』受賞者     (朝日新聞)

1940.8.7     精動主催で文藝座談会  (京城日報 中鮮版)


1941年  


1941.10.9     聖戰へ捧げる赤誠 朝鮮臨戰報國團 各道に支部設置        (京城日報 夕刊)

1941.12.9     非常時を自覺      (京城日報 夕刊)

1941.12.20    米・英打倒の「婦人大會」 臨戰報國團主催 廿七日・府民館で開く (京城日報 朝刊)

1941.12.21    陣容一心の臨報團 役員は全面的に改選 新設婦人部も街頭へ  (京城日報 朝刊)

1941.12.28   時局的作品を マイクの前で朗讀 朝鮮文人協會が作家動員     (京城日報 夕刊)



1942年

1942.5      首脳部は語る この秋こそ奉公の機會
     (大東亞14-3) 

1942.6.11     日本軍人となる心構へ 文協の座談会     (京城日報 朝刊)

1942.11.15    戦果に應へてかく誓ふ    (東京日日新聞)  

1942.11.15    大會終へて入洛        (東亞新聞)


1943年

1943.1.28    『總督賞』の喜びを語る 出でよ優秀作 (京城日報 朝刊)  談話

1943.4.16    文化だより  香山光郎氏(作家)平壌府水玉町東陽旅館に滞在中                 (京城日報 朝刊)

1943.5.4    文化だより  香山光郎氏 令息江西中學入學につき當分平安南道江西郡江西邑に寓    (京城日報 朝刊)

1943.6.6    文化だより  香山光郎氏 宿痾のため平南江西郡邑内徳興里四七九金村方にて療養中  (京城日報 朝刊)

1943.9     文報の頁  八月十六日 午後五時より雅叙園で第一回理事會を開催   (國民文學)

1943.11.5   學徒出陣に全半島驀進  (京城日報 朝刊)

1943.11.6   感激の學兵に蹶起 文人報國會でも出陣激勵大會    (京城日報 朝刊)

1943.11.22  翻る日章旗の下 打樹てよ道義文化 帝都の出陣學徒激励大會 香山氏獅子吼   (京城日報 朝刊)


1944年

1944.1.6    七生滅賊の燃ゆる闘魂 青年蹶起大会      (京城日報 夕刊) 

1944.2.27   絞出す半島の底力 一大皇民運動展開     (京城日報 朝刊)

1944.11.3   文學者大會代表けふ出發              (朝日新聞)

1944.11.26   大東亞文學者大會の日本側代表ら帰途へ     (京城日報)

1944.12.16   文化だより    香山氏らの報告會         (京城日報)  判読不可


1945年

1945.3.2    一人の安逸もなからしめよ            (京城日報)   

1945.3.6    不滅の武勲 半島勇士を作品化           (京城日報)   

1945.3.18   責務は愈よ重大 政治処遇案上程の喜び (朝日新聞 中鮮版)  記事と談話




     【アンケート】

1940.6     半島の知識上層に訊く一、私の崇拝する人物 二、最も推薦したい書物   (緑旗5-6) 

1942.1     日米開戰をきいた時どう感じたか  痛快萬歳を何度も叫ぶ    (緑旗7-1)

1943.3     最近讀まれた本で感銘深かった本/現代青年に薦めるべき本  (新時代3-3) 

1943.3     決戰の年と半島思想界に望むもの  日本を思想せよ (緑旗8-3) 

1943.4     義務教育制度實施と朝鮮の教育問題   (朝鮮畵報5-3)  

1944.1     學兵を送る言葉  大義に徹するもの   (『緑旗』9-1) 



    【裁判關係書類】


1938.11.5    京高特秘第2494號  同友會事件保釋出所者の思想轉向會議に関する件――申合       (京畿道警察部長)  

1939.11.7    京高特秘第2805號  李光洙等の朝鮮文人協會創立に關する非難に關する件     (京畿道警察部長)  

1941.7.21   同友會事件三審事実審理決定

1941.9.17    京高特秘第2492號  同友会事件関係者香山光郎ノ動静に関する件 
       (京畿道警察部長)