【1939年】

1939.1.31     バックミラー欄     (京城日報朝刊) コラム

1939.3.11-17  無佛翁の憶出      (京城日報 夕刊) 随筆

1939.8      山家日記        (東洋之光1-2)  日記 編集室訳

1939.11.14    文學の國民性【1】   (京城日報 夕刊)  論説

1939.11.16   文學の國民性【2】    (京城日報 夕刊)  論説

1939.11.17   文學の國民性【3】    (京城日報 夕刊)  論説

1939.12.3     兵隊さん有難う     (國民新報)
     随筆      朝鮮文人協会 朴英熙 崔貞熙 李光洙 津田剛 萬植

1939.12.24   冬季随筆 歳暮雑感  (國民新報)    随筆




【1940年】


1940.1     朝鮮文化の将来      (總動員2-1)     論説   『同胞に寄す』所収

1940.3.17     興天寺にて         (京城日報 夕刊)   短文

1940.3      内鮮一體と朝鮮文學     (朝鮮299)     論説   『同胞に寄す』所収

1940.4.28-29  京城の春         (東京朝日新聞)    随筆

1940.5      譯詩集に寄せて      (金素雲『乳色の雲』) 跋文

1940.7.6     映畵と寫實性       (京城日報 夕刊)   コラム

1940.7      朝鮮の初夏         (觀光朝鮮2-4)    随筆

1940.7       内鮮青年に寄す      (總動員2-9)     論説    『同胞に寄す』所収

1940.8      我が交友録          (モダン日本 朝鮮版)  随筆

1940.9.19     學びの感激         (京城日報 夕刊)   随筆

1940.9.30     朝鮮文藝の今日と明日  (京城日報 朝刊)   論説

1940.10.1-9    同胞に寄す        (京城日報 夕刊)     論説     『同胞に寄す』所収

1940.10.19   明滅燈 燃える大空    (京城日報 夕刊)    コラム

1940.11       顔が変る          (文藝春秋18-4)   随筆     『同胞に寄す』所収

1940.11      志願兵訓練所の一日   (國民總力2-11)   随筆     『同胞に寄す』所収

1940.11.23   明滅燈 感激の映画    (京城日報 夕刊)    コラム


【1941年】

1941.1.21-24  重大なる決心―朝鮮の知識人に告ぐ (京城日報 夕刊)     *「大東亞」

1941.1.26    重大なる決心―朝鮮の知識人に告ぐ(一) (東亞新聞)   
(一)しか残っていないが、上記『京城日報』の(二)と同じ内容である

1941.2      内鮮一體随想録   (協和事業3-2)          1941.5.10 単行本として刊行される

1941.3      行者          (文學界)

1941.9.28    半島民衆の愛国運動(六) (東亞新聞)  (六)しか残っていない。9月4~7日『毎日申報』「반도 민중의 애국운동」(一)~(四)と内容が違う

1941.10-11   半島の弟妹に寄す  (新時代1-10,11)

1941.12      家訓(未定稿)     (新時代1-12)  文語体 論説

1941.12.9     非常時を自覺      (京城日報 夕刊)




【1942年】

1942.1      家訓(續)           (新時代2-1) 文語体 論説

1942.1      東京の思ひ出         (三千里14-1)   随筆

1942.1      恒久遠大の構想       (朝鮮公論) 筆者は「孤舟」だが、このころ李光洙がこの筆名を使ったとは考えにくい

1942.5.21    半島の徴兵制と文化人(4) 御盾とならん日   (京城日報 夕刊) 論説

1942.5      兵役と國語と朝鮮人     (新時代2-5)   論説

1942.5      徳富蘇峰先生に會ふの記   (大東亞14-4)  随筆

1942.6       國語と朝鮮語          (新時代2-6)    論説

1942.11.11-12  大東亞精神(上)(下)     (京城日報 朝刊)  
大東亞文學者大会における發言    *小説「大東亞」

1942.11.26    國語への愛情          (京城日報 朝刊)  論説

1942.12  大東亞戰爭一周年を迎へる私の決意  (國民文学2-10)  短文


【1943年】

1943.1      三京印象記            (文學界10-1) 随筆

1943.1      感想に代へて           (朝鮮画報5-1)  随筆                     *少女の告白に出てくる本

1943.1.9     新しき美
              (朝日新聞南鮮版) 随筆

1943.1.30    文藝への總督賞制定      (京城日報 朝刊) 論説

1943.3      大東亞精神の樹立について  (大東亞15-3)  論説

1943.3      菊池寛議長へ          (大東亞15-3)   手紙形式

1943.3      正しき生き法           (新時代3-3)    論説

1943.4.17-18  起ち上がる農村        (京城日報 朝刊)   論説

1943.8      山國の旅              (文化朝鮮5-4)  随筆

1943.8      大東亜戰爭の教訓        (緑旗8-8)     論説

1943.9      いくつかの無駄
          (金融組合178)   論説

1943.10     思想の簡素化           (新時代3-10)  論説




【1944年】

1944.6     娘に與ふるの書     (日本婦人朝鮮版)     論説

1944.8     青年と今日        (新時代4-8)     論説

1944.9     戰爭と文學        (新時代4-9)     論説

1944.10    半島青年に寄す     (新時代4-10)      論説




【1945年】

1945.1    大東亞文學の道―大東亞文學者大会席上にて  (國民文學5-1)   論説