日本学術振興会科学研究費補助研究のページ

日本語創作を通してみた東アジア3国の関連様相 
  

研究種目

 基盤研究(C)

交付期間

 2016年4月1日~2018年3月31日

交付金額

 300万円

課題名

 日本語創作を通してみた東アジア3国の関連様相

課題番号

 16K02605

代表

 波田野節子(新潟県立大名誉教授)

研究協力者

王恵珍 (清華大学台湾文学研究所) 崔末順 (国立政治大学台湾文学研究所) 垂水千恵 (横浜国立大学) 大久保明男 (首都大学東京)
 新規申請書  本研究の目的 ①学術的背景 ②研究期間内に達成したいこと ③学術的特色と意義

2016年7月15日(土)4時半より 武蔵大学で崔末順氏の招聘講演  「植民地期台湾文化人の中国活動」  ポスター


 2017年1月26日(木)10時より 新潟県立大学でワークショップ 黄美娥氏基調講演 「甘耀明『殺鬼』を読む」 ポスター



    2017年2月25日(土)4時半より 武蔵大学で王恵珍氏の招聘講演  「翻訳を通じて台湾に回帰した西川満の文学」 ポスター





































本研究の目的

本研究の目的は、日本の植民統治期に韓国と台湾において行われた「日本語創作」について、その発生から終焉および解放後までを視野に入れて比較検討し、日本を入れた東アジア3国の文学の関連様相を明らかにすることである。宗主国の言語2つの植民地の文学に与えた影響を明らかにすることで、それぞれの国の近代文学の特性を際立たせたい。このほかに「日本語文学」の日中韓の研究者ネットワーク構築も副次的な目的とする。〔戻る〕










① 本研究の学術的背景

1.出発点:李光洙研究


 申請者は1980年代後半に韓国近代文学の研究を始めた。韓国の近代長編の嚆矢とされる『無情』を書いた李光洙を研究し、2005年に『無情』を翻訳刊行(平凡社)、2015年に評伝『李光洙―韓国近代文学の祖と親日の烙印―』(中公新書)を上梓した。

 李光洙は明治末の日本に留学して文学に目覚め、日本語と韓国語で文学活動を始めた。1917年、早稲田
大学留学中に朝鮮の新聞に『無情』を連載し、そのあと亡命して上海臨時政府樹立に参与したがまもなく帰国。穏健な民族運動を続けながら文壇の頂点にあった。植民時代末期に対日協力行為と日本語創作を行ない、のちに反民族行為の罪に問われた。朝鮮戦争のさなか北に連行されて行方不明となった悲劇の作家である。



2.共同研究:「留学」と「日本語創作」


 李光洙につづく韓国の近代作家たちのほとんどが日本への留学を経験している。申請者は、彼らの「留学」を通して日本と韓国の関連様相を明らかにしたいと考え、日韓の文学研究者に呼びかけて2006年から3年間、共同研究「植民地期朝鮮文学者の日本体験に関する総合的研究」(基盤研究()18320060)を行なった。そして、この研究で得た成果をもとに、韓国で『日本留学生作家研究』(ソミョン出版(ソウル)、2011)、日本で『韓国近代作家たちの日本留学』(白帝社、2013)を刊行した。

  韓国近代文学における日本との関わりの極点は、植民統治末期に朝鮮総督府がとった皇民化政策のなかで現われた「日本語創作」である。これを多角的な視点で再検討したいと考えた申請者は2012年から3年間、韓国近代文学の研究者のほかに近代史と日本文学を含む日米韓の研究者たちを分担者・協力者として、共同研究「朝鮮近代文学における日本語創作に関する総合的研究」(基盤研究(B)25284072)を行なった。この共同研究は、2016年度で終了する。


3.より大きな視座


 この共同研究をしたことで申請者は、宗主国の言語が植民地の文学に与えた影響を明らかにするには、時間的にも空間的にもさらに大きな視座が必要であることに気づいた。韓国近代文学への日本語の干渉は萌芽期から始まり、植民統治が終焉したあとまで続いたのである。

 朝鮮戦争が終わった1950年代後半の韓国には、金
洙暎や張龍鶴などの「戦後文学世代」作家たちが現われるが、彼らは幼いころに学校で学んだ日本語と闘いながら新しい文学言語を生みださねばならなかった。解放のあとで巻きおこった民族主義と「日本語浄化」の嵐のなかで、身体に刻印された「公然の秘密」である日本語が、彼らにとっての桎梏となったことを最近の研究は明らかにした(韓壽永『戦後文学を読みなおす』ソミョン出版(ソウル)2015)。1940年代を暗黒期とみなして植民地時代と「断絶」してきた韓国文学史で、ようやく「連続性」を直視する試みが始まったといえる。だが、ここまで半世紀以上も要したことが植民統治の傷痕(トラウマ)の深さを物語る。


   4.台湾というもう1つの視座

日本語が植民地に与えた影響を研究するにあたり、時間的なスパンのほかに必要なのは、空間的な視座の拡大――具体的には日本のもう1つの植民地である台湾を視野に入れることである。台湾語、北京語、先住民語の多言語状態だった台湾では、1930年代に北京語の白話による新文学が現われ、また台湾語の表記も提唱されたが、これらの試みは日中戦争の勃発による漢字禁止令により霧散し、日本語文学だけが残った。植民統治が終焉したあとは国民党政府のもとで北京語が強制されて、文学の本流も大陸にあるとされたが、1990年代に民主化が達成されると「台湾ナショナリズム」が高まり大学においても「台湾文学」の研究が始まった。1940年代を台湾文学の「復興期」とする研究も表われている(柳書琴「戦争と文壇盧溝橋事変後の台湾文学活動の復興」『よみがえる台湾文学』東方書店、1995)。日本の植民統治によって現われた日本語創作は、旧植民地国のその後の歴史と密接に関わりつつ、いまだ深い痕跡をとどめているのである。




 
5.日本文学の「戦後」


日本の「戦後文学」のテーマには〈亡霊〉が多く見られるとして、川村湊は「この国にはまだ〈戦後〉が終わることを許そうとはしない〈亡霊〉たちがたくさんいる」と書いた(『戦後文学を問う』岩波新書、1995)。この意味で、韓国と台湾の日本語創作の痕跡も〈亡霊〉だといえる。戦後70年を過ぎた現在でも、日本と韓国の歴史認識の差が大きな問題となり、それとは対照的に、台湾の親日感情は不自然なまでの脚光を浴びている。旧植民地の人々の意識の奥にある言語的トラウマを解明することは、こうした東アジア3国の錯綜した関係を解きほぐすための一助となるであろう〔戻る〕









② 研究期間内に達成したいこと


 ・日本語創作を行なった韓国人作家と台湾人作家との比較

・在朝鮮日本人作家と在台湾日本人作家の作品の比較

・植民統治が終わったあと両国の日本語創作作家たちが辿った軌跡の研究

・植民統治が終わったあとの世代に見られる両国の日本語創作の痕跡の研究

・現代の台韓両国の若者に見られる日本語と日本語文学に対する意識の比較

・東アジア研究者の交流ネットワークの構築 〔戻る〕










③ 本研究の学術的な特色・独創的な点及び予想される結果と意義

 

 本研究の学術的な特色は、韓国近代文学を専攻する日本人研究者と、日本語文学を専攻する台湾人研究者、そして台・韓近代文学の比較研究をしている韓国人研究者という特色ある組み合せの共同研究であること、そして、
素養される結果と意義は、本研究で得られる知見が東アジアの旧植民地の国々を理解することに役立ち、将来的な親善に貢献すると思われることである。〔戻る〕