『植民地文化研究』 
創刊の辞

創刊号 2002年6月 「満洲国」文化の性格(1)
「満洲国」文化と台湾(1) 
 目次
第2号 2003年7月 「満洲国」文化の性格(2)
「満洲国」文化と台湾(2) 
 目次
第3号 2004年7月 「満洲国」文化の性格(3)
「満洲国」文化と台湾(3)
 目次
第4号 2005年7月 「満洲国」文化の性格(4)
「満洲国」文化と台湾(4)
 目次
第5号 2006年7月 「満洲国」文化の性格(5)
「満洲国」文化と台湾(5)
 目次
第6号 2007年7月 「満洲国」文化の性格(5)
「満洲国」文化と台湾(5) 
 目次
第7号 2008年7月 「満洲国」文化の性格(6)
「満洲国」文化と台湾(7)
 目次
第8号 2009年7月 「満洲国」文化の性格(8)
「満洲国」文化と台湾(8)
 目次
第9号 2010年7月 「満洲国」文化の性格(9)
「満洲国」文化と台湾(9)
 目次
第10号 2011年7月 「満洲国」文化の性格(10)
「満洲国」文化と台湾(10)
 目次
第11号 2012年7月 「満洲国」文化の性格(11)
「満洲国」文化と台湾(11)
 目次
第12号 2013年7月 「満洲国」文化の性格(12)
近代の日本と台湾(12)
 目次
第13号 2014年7月 在日とは何か
白色時代を描く台湾文学
 目次
第14号 2015年7月 内なる植民地
追悼 呂元明
 目次
第15号 2016年7月 内なる植民地再び
「満洲国」文学第二世代 
 目次
第16号 2017年7月 内なる植民地三たび   目次
 第17号 2018年7月 テロとは何か。植民地の産物? 目次
 第18号  2019年7月  引揚げとは何か?   正誤表 目次
 第19号  2020年7月 植民地としての女性 目次 
 第20号    2021年10 月 引揚げ再考       正誤表  目次 

書店を通じてお求めください

こちらからも購入できます


top


index
























































創刊の辞
   近代日本の歴史は、文学や思想の領域をふくめて日本の内部から見るだけでは本当の姿は分からない。それは何よりも日本の近代化が西欧における近代化の波が東西から東アジアに及ぶことになって決定的になったのだし、また近代日本の発展はアジア・太平洋の国々や地域への侵略・占領・植民地化を抜きにしては考えられないからだ。つまり近代日本の歴史、近代日本の文化や思想の本当の姿を知るためには、近代日本の歩みを地球的視野から、少なくともアジア・太平洋の視野から見ていく必要がある。

  今から五七年前、敗戦の直後こそ、そういう視野に立っての反省と探究が国民的な規模で行われ、その結果として全体的で普遍的な近代日本史像が定着する絶好の機会だったが、間もなく世界が「冷戦」時代に突入、日本は第二の「鎖国」状態に陥り、その好機は去ってしまった。しかし、それから四四年、「冷戦」体制が崩壊、それによって、以前から始まっていた日本企業のアジア・太平洋への進出が全面的な展開期を迎えるに至り、日本はかつてのアジア・太平洋への侵略・占領・植民地化の歴史に真正面から向き合わざるを得なくなった。再び全体的で普遍的な近代日本史像を国民的に形成・定着させる好機がめぐってきたといえるだろう。

  そういう認識から日本社会文学会は一九八九年秋以来、地球交流局の事業として十数度に及ぶ「国際シンポジウム」を開催してきた。そして、なお続行中だ。その事業を受け継ぎ、さらに専門的に発展させるために、広く該学会を超え、新たな同志も求めて、昨年秋、結成されたのが植民地文化研究会であり、本誌は、その機関誌である。

   私たちは、これまでの経過から当面、「満洲国」とその文化現象、日本統治時代の台湾とその文化現象を対象とするが、行く行くは東北部以外の中国や韓国・朝鮮、東南アジアや太平洋地域に対象を広げて行きたい、また欧米諸国の植民地となったアジアやアフリカ、太平洋や中南米の国々や地域とその文化との比較研究にも手を染めて行きたいと考えている。

top


























































































植民地文化研究 創刊号

創刊の辞
特集 「満洲国」文化の性格
  座談会 雑誌『満洲浪曼』をどう評価するか
        出席者 西原和海 岡田英樹 西田勝(司会)
  「満洲詩人」のあゆみ                                                     猪野睦
  「満洲文話会通信」を読む 西原和海
  「満洲国」に夢を紡ぐ 藤山一雄の二側面                        西田勝
  「満洲」におけるロシア亡命文学の遺産                           キム・レイホ
  中国における東北淪陥期文学の研究の現在                 呂元明 訳・岩崎富久男
  小説 血の償い      「満洲国」時代の中国人作家の創作 王秋蛍 訳・解説 岡田英樹
   資料紹介    『満洲文芸家協会の栞
   雑誌『満州浪曼』細目 黒崎史貴・斉藤秀昭編
   満洲芸文聯盟機関誌『満洲芸文通信』細目 谷本澄子編
   浜江省興膿合作社聯合会機関誌『北満洲合作』細目 城間正人編
 『北満合作』抄《知られなかった北満型合作運動の最後の輝きを伝える》
   『北満合作』の刊行に就いて  
   合作運動の新段階を論ず(上)   佐藤大四郎
   『北満合作』現地編集会議報告   廃刊の辞  民謡一篇ほか(野川隆)
書籍紹介    
    島木健作著『満洲紀行』  『農村報告書』  和田伝著『家長』  
視角とアンテナ
    新渡戸稲造をめぐる問題                                                              神谷忠孝
    横断のパースペクティブ                                                                橋本雄一
    「満洲」研究のことなど                                                                  安藤彦太郎
特集 近代の日本と台湾
   日本の台湾征服戦争 大江志乃夫
   日本の台湾植民地経営と現在  とう 照彦
   台湾の植民地的支配と沖縄 又吉盛清
   台湾人の「満洲」体験 許雪姫
   台湾と私 林 郁
   私の戦争体験 鄭清文
   日本文学史の不可欠の一章 林水福
   日台シンポジウム『近代の日本と台湾』これまでの歩み
   小説 夜襲    「光復」直後の独立蜂起の失敗譚 葉石濤    訳・西田勝
思想史に見る東アジア共同体 許介鱗
海峡植民地        永井荷風の「新嘉坡」 土屋忍
編集後記
 植民地文化研究会会則         二00二年度役員名簿
                         表紙絵(旧関東軍司令部官邸)及びカット     呂元明


top







『植民地文化研究』第2号

特集    「満洲国」文化の性格(2)
  座談会  雑誌『満洲芸文通信』の位置づけ 出席者 西原和海・岡田英樹・西田 勝(司会)
    呉暎論
   詩人野川隆の到達点  
   
 『満州文話会通信』を読む(下)  
    
「満洲詩人」の歩み②   
岸 陽子
西田 勝
西原和海
猪野 睦
       「満洲国」時代の中国人作家の創作②  
  小説 人生の中のある日
金  音     訳・解説  橋本雄一
   資料紹介『満州芸文通信』細目(中)
                 『満洲文話会通信』細目(上)
谷本澄子編
斉藤秀昭・松下奈津美編
   『農事合作社報』(上) 城間正人編
 視覚とアンテナ    父香川鉄蔵のこと  香川 節
   在「満」朝鮮人の文学  
   王進益にとっての短歌
   過去は超えられたか
 
大村益夫
今井祥子 
国策恋愛映画「大陸三部作」をみて   林 郁
特集 近代の日本と台湾(2)
     日本・台湾そしてアジア・太平洋地域 
  植民地新聞としての《台湾日日新報》  
  30年代の上海都市文学
鈴木佑司 
李承機
彭小妍
  私と上海     林   京子                                    
    資料紹介
    楊基振日記 編・解説     黄英哲・許雪姫
   日本占領下の北京に生きた台湾人日本鉄道キャリアの記録
日本の「近代化」は中国の資金援助によるものだ  許介鱗
寒川光太郎と樺太  神谷忠孝

top






『植民地文化研究』 第3号

特集満洲国文化の性格( 3 )
座談会  二つの 『芸文』  出席者 西 原 和 海 ・岡 田 英 樹 ・西 田 勝(司会)
  『芸文』及び『満洲公論』 作品略年譜  
 「満洲国」のオロチョン工作とその最期
林 郁
 もう一つの『白蘭の歌』   梅娘論のうち 岸  陽 子
 芸術家としての藤山一雄 西 田 勝
 「満洲詩人」のあゆみ③ 猪 野  睦
インタビュー 秋原勝二氏に聞く    『作文』の作家たち
「満洲国」 時代の中国人作家の創作③
小説  山丁花  ――郷土文学論争の発端となった作品 疑 遅  訳・解 説  岡田英樹
『満洲芸文通信』 細目(下) 谷 本 澄 子 編
『満洲文話会通信』 細目(中) 斎 藤 秀 昭 ・ 松 下 奈 津 美 編
『農事合作社報』  (中) 城 間 正 人
新発見資料3種
 小説  屯にはいる 塙 正
 小説  女の燈 牛 島 春 子
 記録  最後の新京特別市諮議会における白旗降参の決議 藤 山 一 雄
視覚とアンテナ
 日中韓での軍国主義観の乖離 纐 纈    厚
 黒竜江省方正県の今昔 田 島 俊 雄
 「ウィルタ」考 神 谷 忠 孝
書評
 山本有造著『「満州国」経済史研究』 金 子 文 夫
 台湾原住民文学選④  『海よ山よ』 西 垣     勤
 岸  陽子著 『中国知識人の百年』 飯 塚    容
特集 近代の日本と台湾(3)
 日本のために戦って   墓島からの生還   元高砂義勇隊員 トアロ・ノカン
            ―奇跡の人生  異民族支配に抗して 柳 本 通 彦
 台湾文学と私(上) 張 寛 敏
 フオルモサにおける日・独・蘭法学者の邂逅 呉 豪 人
 日本帝国主義と「武士道」(一部省略:全文を読みたい方はこちら) 許 介 鱗
 国際政治の中の台湾 進 藤 栄 一
小説 阿妹伯 日本の敗北を喜ぶ台湾農民の記憶 李   喬
        「阿妹伯」を読む ─ 李喬の作家的戦略 三 木 直 大
日本軍政下のインドネシア文学  1 H ・B ヤシン 訳・解説 奥島美夏
日台フォーラム《原住民文化と現代》のお知らせ
世話人・顧問名簿
表紙絵(カルーギン・イワンの家族「ロマノフカ村から) 藤山一雄

top






植民地文化研究 第4号       

 特集   近代の日本と台湾 4  
    日台フォーラム《先住民族文化と現代》の記録  (省 略)  
     台湾出兵=牡丹江事件130年国際学術検討会から  
    台湾出兵の位置と定刻日本の成立                   纐纈 厚
    台湾出兵は当時の日本で、どのように語られていたか         西田 勝
    牡丹江事件の真実                        高加 馨
    後藤新平とその阿片謀略                      許介鱗
    台湾文学と私                           張寛敏
     小説 国葬                                   白先勇
   視覚とアンテナ  
      真杉静枝が書いた台湾                                高良 留美子
      香港の「半日」と「親日」                                和仁 廉夫
     日韓問題に思うこと                               木村 一信
  書評  
       日本華僑華人研究会編著『日本華僑・留学生運動史』            安藤 彦太郎
    小林英夫・福井紳一著『満鉄調査部事件の真相』              井村 哲郎
    柳本通彦著『明治の冒険科学者達』                    又吉 盛清
 「中日文化協会」に関する初歩的な考察                趙夢 雲
  日本軍政下のインドネシア文学 Ⅱ                H・Bヤシン編
   特集  「満洲国」 文化の性格 4  
     座談会  「満州文学」での『雑誌作文の比重   
            西原 和海・岡田 英樹・西田 勝(司会)
 
 
    「言」と「不言」の間     銭理群  岸 陽子・訳
     小林実ノート  寺田 清市
    「満洲詩人」の歩み④  猪野 睦
 「満洲国」時代の中国人作家の創作  
    小説 山海外経     古丁    訳・解説 岡田英樹
    満洲芸文連盟機関誌『芸文』細目(上)  谷本 澄子編
    『満洲文話会通信』 細目(下)  斎藤秀昭・松下奈津美編
    『農事合作社報』(下の一)  城間 正人編
    今村栄治の面影  秋原 勝二
    今村栄治の内心の世界  西田 勝
 今村栄治の新発見作品  
   小説   
     満洲文話会の歴史と現在(中文)

top







植民地文化研究第5号

 対談 日本と韓国、そしてサハリン 李恢成・西田勝
葉山嘉樹と現代
   葉山嘉樹が遺したもの 鈴木章吾
   父の思い出 葉山民樹
   転向と「開拓団」 西田勝
   葉山嘉樹の魅力 浅田隆
   惜葉山嘉樹 呂元明
     全集未収録 竿頭進一歩 葉山嘉樹
  特 集 「満洲国」文化の性格⑤
   詩人としての周保中 呂元明 大久保明男・訳
   『アカシヤ』から『短歌精神』へ 和泉 あき
   幻のプロレタリア詩誌『燕人街』の登場 西田 勝
   長谷川濬の戦後 大島幹夫
   「満洲詩人」の歩み(5・完) 猪野 睦
「満洲国」時代の中国人作家の創作⑤ 梁山丁
  臭い排気ガスの中で  訳・解説 岡田英樹
  満洲芸文聯盟機関誌『芸文』細目(中) 谷本澄子編
  『燕人街』総目次
  『農事合作社報』細目(下の二・完) 城間正人編
  新発見作品『燕人街』抄
      
古川賢一郎  高橋順四郎  落合郁郎  土l竜之介
視覚とアンテナ
  中央アジア五カ国を歩いて 大江志乃夫
  望月百合子の教訓   愛国の悲劇 林 郁
書評
   植民地文化研究会編『《満洲国》文化細目』 南雲 智
   西原和海・川俣優編『満洲国』の文化』 田所竹彦
   又吉盛清編著『日露戦争百年』 福井紳一
新刊紹介    
     大村益夫ほか編『金鐘漢全集』  
  特集 近代の日本と台湾⑤
  真杉静枝「南方の言葉」を読む 高良留美子
  植民地下の台湾米と地主階層 許介鱗
  私の台湾文学六十年 葉石濤
  座談会『寒夜』の背景  歴史と文学 李喬・周婉窈・三木直大
小説 戦争にあこがれて 桑品戴
    国府軍の大陸潜入工作の失敗を描く 訳・解説 道上知弘
     
西南聯合大学の研究(1)  序説 安藤彦太郎
沈連珠の日本認識 大村益夫
東亜同文書院生の仏領インドシナ調査旅行 湯山英子
日本軍政下のインドネシア文学(3) H・B・ヤシン編
  ウスマル・イスマイル編(続) 訳・解説  奥島美夏
編集後記
top





植民地文化研究 第6号
特集

「満洲国」文化の性格⑥

 
座談会 『北窗』とハルビン文壇  西原和海・岡田英樹・西田 勝
『北窗』主用作品・記事  西原和海編
『女声』創刊号に秘められたメッセージ  岸 陽子
満洲国」官僚としての古丁     石田卓生
ある転向文学者の軌跡 島田和夫から上野市三郎へ  西田 勝
「満洲」植民時期の文学中国人作家の研究 第2回  呂元明  大久保明男訳
小説 「満洲国」時代の中国人作家の創作⑥  
      柴を刈る女  忽瑪河の夜  但娯   訳・解説 岡田英樹
満洲芸文連盟機関誌『芸文』細目(下の1)  谷本澄子編
雑誌『興農』細目(1)  城間正人編
『満洲新聞』文芸主要目次(1)  斎藤秀昭編
新発見作品『燕人街』抄(続)  
     大島庸夫・水島勇男・赤田靖・古川賢一郎ほか  
資料 上野市三郎の記録作品と文芸批評  
  ある満農の死/終列車の出来事/神話の創造/文芸時評 
視角とアンテナ  
華北の乾地農法と農業経済研究の系譜  田島俊雄
台湾2.28事件と沖縄  又吉盛清
韓国の「植民主義と文学」研究  岡田英樹
書評 姜敬愛者・大村益夫訳  『人間問題』  林郁
小林英夫・張志強共編 『満洲国の実態』  坂本龍彦
神谷忠孝・木村一信編 『(外地)日本語文学論』  星名宏修
特集

近代の日本と台湾⑥

 
  楊熾昌小特集  変異の悪の必要 楊熾昌の「異常」な表現法  劉紀蕙  横路啓子訳
遺文 台湾人報道班員の手記  
    チャンドラ・ボース 最後のカレーライス  
二・二八民主革命と台湾の独立  
      解説●楊熾昌とのひととき  西田 勝
  近代性と民族性のはざまに生まれた「被植民者」の女性運動  許時嘉
小説 最後の黄埔 元国民党員の戦後を描く  戴文采   訳・解説 道上知弘
西南連合大学の研究(2)  安藤彦太郎
日本軍政下のインドネシア文学(4)  H・B・ヤシン編
  3B・H・ルビス編  訳・解説 奥島美夏
編集後記   

top






植民地文化研究 第7号


  フォーラム第一部  「植民地主義とは何か 文化にかかわって」

 

 植民地文化研究会では、二〇〇八年七月七・八日の両日、植民地文化学会の創立と日中戦争七〇年を記念して東京は江東区東大島(ひがしおおじま ルビ)文化センターで二つのフォーラムを催した。この二つのフォーラムの内容を紹介することで、植民地文化学会が何をめざしているのか、改めて明らかにしたい。 

まず、二つのフォーラムが催された会場について一言しておくと、東大島文化センターは、今から八〇年前、関東大震災の際、帝国陸軍に扇動された自警団によって虐殺された中国人や朝鮮人の死体が並べられていた場所で、植民地文化の問題を考える上で最適の空間として、植民地文化研究会では創立以来、ここをフォーラムや研究会の会場として愛用している。

フォーラム第一部「植民地主義とは何か 文化にかかわって」は以下のような組み立てで、七日(土)一三時四五分から一八時一〇分まで行われた。

田中宏(龍谷大学教員)「ポスト植民地主義としての在日コリアン」

北沢洋子(国際問題評論家)70年代南アフリカの黒人意識運動について」

黄英哲(フアンインチャー ルビ)(愛知大学教員)「戦後台湾にとっての《脱日本化》と《脱中国化》」

 コメンテーター 林郁(作家)  もう一人歴史学者の纐纈厚を予定していたのだが、その後、都合がつかなくなり、実現しなかった。座長は筆者。

 田中の問題提起はB4判用紙に表裏びっしり関係の国際条約や国内法規の抜粋や統計などをアレンジした資料を基に、(1)ポツダム宣言を引用したカイロ宣言、(2)占領下の諸相、(3)憲法と外国人、(4)教育改革とネグレクトされる外国人の子供、(5)地域社会への参画、の五節に分けて展開された。ハイライトは新憲法の制定過程で、GHQ(連合国軍総司令部)案では「すべての自然人All natural person)」とあったのが、当時の日本政府の代表によって「すべて国民」に書き変えられ(だが、新憲法の公式の英訳文では All of the people となっている)、以前から日本に定住していた外国人はすべて新憲法に保障されている権利から除外されることになるが、憲法より下位の所得税法では、「国民」の身分ではなく、単に「居住者」の身分によって在日コリアンも国税を払う義務を負わされている、「やらず、ぶったくり」の事実を法の上でも細かに明らかにして、植民地主義が現在も日本社会に根強く残っていることを指摘した部分だった。しかし、田中は同時に日本では一九九八年一〇月、戦後四八年目にして永住外国人地方参政権付与法案が国会に提出されながら、今も棚ざらしになっているのに、韓国では昨年六月の統一地方選挙の時、永住権を獲得して三年以上になる外国人に選挙権をあたえたことを挙げ、これが日本に跳ね返って、東アジア共同体への第一歩になるかも知れないと、明るい未来への希望も話した。

 また、『マンガ嫌韓流』(山野車輪著・普遊舎・二〇〇五年)などで流布している俗説―「日韓併合」後、多くの貧しい朝鮮人たちが日本をめざしたという話のウソも二種の統計によって浮かび上がらせ、会場をざわめかせた。その二種の統計によると、「日韓併合」後一〇年間で日本に来たコリアンは約二万九千人程度に過ぎないのに、日本から朝鮮半島に移住した日本人は何と約六倍の一七万六千人前後に及んでいるのだ。

 北沢の問題提起は(1)「名誉白人」としての日本人、(2)「黒人意識運動」、(3)反アパルトヘイトの闘争のなかの文化運動、(4)今日の世界、の四節に分けて行われた。彼女はまず自身が一九五九年から一〇年間、カイロにあったアジア・アフリカ人民連帯機構の事務局にいて、アフリカの諸地域が次々に植民地から独立国家に変わっていくのを見た体験を語り、その結論として植民地主義の本質を、軍事占領によるにせよ、非軍事の条約によるにせよ、あるいは「無主の地」を手に入れるにせよ「暴力に始まり、暴力に終わる」とまとめるとともに、同化政策は日本だけの特色ではなく、アフリカでも、その結果として「白人になりたがる」という傾向をもたらしたと指摘した。また、植民地から解放されて独立国家になったものの、経済は植民地時代のモノカルチャーで、今もIMF(国際通貨基金)や世銀(国際復興開発銀行)やWTO(世界貿易機関)のコントロール下にあると述べた。

 次に一九七四年八月、アパルトヘイト体制下の日本企業の実態調査に出かけ、「名誉白人」として遇された体験を語りながら、日本企業が米英の多国籍企業と違って白人政権を経済的に支え、富豪化させることによって、その目的を追求していた実態を明らかにし、また文化の問題として反アパルトヘイト闘争のなかで「黒人意識運動」の一手段として展開された「地下劇場」運動に触れた。それは六〇年代のイタリアで起こった「地下劇場」を取り入れたもので、集会の自由がない上、民衆の多くが文字を読めないことから、俳優となった活動家が二、三人の規模で家から家に移動しながら、観客をも巻き込み、「黒人が白人より劣っていない」という意識の改革を行ったものという。さらには唯一の合法的な集会場だったキリスト教会を逆用しての黒人牧師たちの活動にも触れ、そこでは「キリストはローマの圧制からの解放者」であり、「現在のキリストはまさに黒人だ」と主張する「黒人の神学」が説かれたという。

 添えられた資料では、中南米での左翼政権の登場は市場原理主義(新自由主義)のグローバリゼーションへのノーを示したもので、戦後に残った新植民主義との決別も意味する、とあった。

 黄の場合は、第二次世界大戦後の台湾で、大陸を追われた国民党政府がはじめた「脱日本化」と、台湾の自主独立を求める民進党の政権掌握によってはじまった「脱中国化」を比較的に取り上げ、台湾の未来を問題にしたもので、例として「外省人」(戦後、国民党政府とともに大陸から来た中国人)を父に、「内省人」(解放以前から台湾に居住していた人々)を母に持った女性作家、朱天心の長篇小説『古都』(日本訳が図書刊行会から出ている)でのヒロインの心内の「帰属意識」の葛藤を挙げ、「脱中国化」も「脱日本化」と同様、「イデオロギー的な歴史判断」ではなく、歴史の具体を大切にし、また台湾に居住している多数民族の固有性を生かし、発展させるものでなければならないと論じた。

 三人の問題提起は、三者ともにすべてポスト植民地主義にかかわるものとなり、それぞれに共通するものと違いが明らかになったが、特に台湾の場合は一口にポスト植民地主義の問題といっても、二筋縄でも三筋縄でも行かない解決方法が必要との感を抱かせた。

 

フォーラム第二部 「日中戦争の開始と中国・韓国=朝鮮・台湾の文壇」

 

フォーラム第二部は以下のような組み立てで、七日(土)一三時四五分から一八時一〇分まで行われた。

岸陽子(中国文学者)「日本占領下上海の華文女性雑誌『女声』に秘められたメッセージ」

林瑞明(リンルイミン ルビ)(台湾・成功大学教授)「決戦下台湾の《皇民文学》」

神谷忠孝(北海道文教大学教員)「日中戦争前後の日本・韓国=朝鮮の文学状況」

 コメンテーター 陳万益(台湾・清華大学教員)  高良留美子(詩人)  座長は筆者。当初、岸陽子の担当だったが、「中日戦争と中国の作家たち」のタイトルで問題提起を行う筈だった北京社会科学院の張泉(チャンチュアン ルビ)・文学研究所長が寸前、「微妙な時期に微妙な問題を議論するのは不可」という理由で北京市当局から出国を許されず、参加できなかったので、岸が問題提起者の方に変わったためだった。このこと、つまり中国政府が、この時期、日本による本格的な中国侵略戦争の開始だった日中戦争を問題にすることを禁じたことは、ある意味でポスト植民地主義の問題の一つだといえよう。

 岸の問題提起は、日本軍に占領された上海で、派遣の海軍から資金を引き出した田村俊子によって創刊された中国人女性向けの雑誌『女声』の編集部に、中国共産党から送り込まれた左翼女性詩人、関露(クアンロー ルビ)の工作の内容(先行停刊の同名の女性解放雑誌の名称を復活したり、ひそかに抗日青年の投稿網を作り上げたりなど)を紹介し、日本占領下の中国人作家のスタイルの一つを「言与不言之間(表現と沈黙の間)(銭理群 チェンリーチーン ルビ)とまとめたもので、最後に岸は最近の発見として、創刊号掲載の「諦」署名のエッセイ「虚妄底幻想(虚妄の幻想)」は魯迅の「野草」をつぎはぎした文章で、筆者は関露以外には考えられず、やはり、そういう形で抗日を試みたものと結んだ。

 林の場合は、日中戦争の長期化とともに始まった、激化した同化運動というべき「皇民化」運動に随伴して起こった、台湾の「皇民文学」の代表作家といわれた陳火泉(チェンホーチュアン)の小説「道」と、やはり「皇民文学」の代表作といわれた王昶雄(ワンチャンシオン)の「奔流」とを比較的に論じたもので、林の「道」は、いくら努力しても「日本人」にはなりえない悩みをリアルに描き出している点、評価できるものの、結局は「皇民文学」と言わざるをえないが、「奔流」はヒーローに「私は立派な日本人であればある程、立派な台湾人であらねばならないと思ひます」と言わせることによって実質的に非「皇民文学」になっていると分析し、台湾の「皇民文学」は、日本が台湾人の主体性を奪った植民地犯罪として厳しく裁かれなければならないが、台湾文学にとっては「歴史的ないましめ」の一つだと結んだ。

 神谷もB4判用紙の表裏に関係年表と、日本に留学したことのある同時代の文学者三五人の略歴をびっしり刷り込んだものを用意し、それを基に一九三一年から一九四二年にかけての日本と韓国=朝鮮との文学状況の推移を比較的に辿り、左翼文学運動への弾圧が、韓国=朝鮮の「プロレタリア文学」運動が日本のそれの影響から生まれたものであるにもかかわらず、日本のそれよりも先行していると指摘し、それは韓国=朝鮮の「プロレタリア文学」運動が何よりも民族の独立を、その運動目標にしていたのではないかと問題を提起した。 

 以上が第二日目のフォーラムのあらましだが、これに一言つけくわえれば、日中戦争の開始に対して、これを真正面から批判・抗議する声は、日本国内の文学者の間からは挙がらなかった。しかし、間接話法(紀元前二世紀のユダヤ国の故事を語る形で)ながら、この戦争が不正義の戦争であり、そのことによって日本は滅亡を免れないとして真正面から批判・抗議する声が一人の経済学者から挙げられた。一人の経済学者とは、当時、東京帝国大学教授だった矢内原忠雄で、その声とは彼が『中央公論』一九三七年九月号に書いた「国家の理想」と題する文章―私は、それを近代日本のもっとも美しい散文の一つと考えているが、矢内原は、この一文のために帝国大学教授の職を追われている。

 

top








植民地文化研究 第8号

 特集 朝鮮・台湾・「満洲」

フォーラム 日本植民地下の朝鮮半島の文学  

韓国近代文学者と東洋論 ・・・・・・・・・・・・金在湧 2

姜敬愛の作品に見る民族意識・・・・・・・・・・・・呉香淑 12

朝鮮文学者たちの日本留学・・・・・・・・・・・・波田野節子 21         

   「満洲」を詠った朝鮮の詩人たち・・・・・・・・・・・・沈元燮 26

討論録  大村益夫・李恢成・纐纈厚 ほか  37

─────────────────────────────

在日朝鮮人作家の創作②  

  小説  暗 夜・・・・・・・・・・・・金 昌 傑 49
                 訳・解説  大村益夫

 特集 「満洲国」文化の性格(8)

  逮捕寸前の野川隆・・・・・・・・・・・・西 田 勝 65

 南満僻地の花喜露―田賁・・・・・・・・・・・・呂 元 明 78
 
                        大久保明男訳
   ─────────────────────────────
満洲国時代の中国人作家の創作⑦                                          

 小説 放牧地にて・・・・・・・・・・・・磊磊生 90
                  訳・解説  岡田英樹
   ────────────────────────────── 

『哈爾賓日日新聞』文化系主要目次(1)・・・・・・・・・・・・ 谷本澄子編 98          

『満洲新聞』文化欄目次 (3)・・・・・・・・・・・・斎藤秀昭編 108   

雑誌『興農』細目(3)・・・・・・・・・・・・城間正人編 118    

《満洲国》 文化細目補遺(2)

高原冨次郎『修道女の結婚』(浅田隆) 125  『熱河』 126
    ───────────────────────────────  

新発見作品  『燕人街』抄(4)  評論篇2 久呂澄狂介・平林純・篠垣鉄夫 127 
             
野川隆の詩と評論 屯子の連中 秋天上街  文学随想 ほか 140

視角とアンテナ
────────────────────────── 

外国人の地方参政権・・・・・・・・・・・・田中宏 163
   現代女性文化研究所の仕事・・・・・・・・・・・・岡田孝子 164 
   「中国・沖縄元年」・・・・・・・・・・・・又吉盛清 166
   戦時下の「蘇州日記」・・・・・・・・・・・・山田博光 168

書 評  ────────────────────── ────── 

  天野博之著『満鉄を知るための十二章』 ・・・・・・・・・・・・大江志乃夫 170
  植民地文化学会ほか編『《満洲国》とは何だったのか』 ・・・・・・・・・・・・峰毅 171

  宋友恵著『空と風と星の詩人 尹東柱評伝』・・・・・・・・・・・・ 橋本雄一 173
  沖田信悦著『植民地時代の古本屋たち』・・・・・・・・・・・・湯川健一 175

 
 特集 近代の日本と台湾(8) ─────────────────

     マレーシア中国語文学と〈国家〉民族主義(上)・・・・・・・・・・・・黄錦樹 177
                                         羽田朝子訳
     二二八事件と阿里山ツォウ族・・・・・・・・・・・・川路祥代 188
     官製から民製へ 自我同文主義と興亜文学 (下)・・・・・・・・・・・・柳書琴 201
                                          青木沙弥香訳
     朝鮮と台湾 日本植民地統治の比較(下) ・・・・・・・・・・・・許介鱗 211

追悼 葉石涛  ──────────────────────────
  台湾文学の巨匠 李 喬221  大悪と小善 鄭清文223  葉石涛の文学的功績 彭瑞金224
  先生の第一声 黄英哲226   同時代の刻印   西田 勝227                  
  

白色時代を描く台湾文学 8 ─────────────────────

小説  赤い靴 ・・・・・・・・・・・・ 葉石涛 229
                 豊田周子訳

──────────────────────────────── 

「外地の日本語文学」再考 ・・・・・・・・・・・・西成彦 252
日本軍政下のインドネシア文学(Ⅵ)・・・・・・・・・・・・H・B・ヤシン編 261 
         アマル・ヘムザ篇(続)  プン・ウスマン篇    奥島美夏訳

  ──────────────────────────────── 
 編集後記 272  
 役員名簿169 

 表紙カット 軒丸瓦(慶州沙正洞・霊妙寺跡。新羅7世紀)『国立慶州博物館図録』より


top










 

植民地文化研究 第9号

特集 インドネシア・朝鮮・「満洲」・台湾

フォーラム 日本軍政下の東南アジアと台湾・沖縄  

インドネシアと沖縄  ・・・・・・・・・・・・バクティアル・アラム 2
戦時下ジャワで映画を作った朝鮮人 ・・・・・・・・・・・・ 内海愛子 8
元日本兵のディアスポラ ・・・・・・・・・・・・  西 成彦 15

  小特集  「日韓併合」百年と文学

田岡嶺雲の連亜論と朝鮮観・・・・・・・・・・・・ 西田 勝 21

「東洋平和論」から見た安重根の「丈夫歌」 ・・・・・・・・・・・・ 崔 元植 波田野節子訳 29

   一九三一年の「排華事件」と韓国文学 ・・・・・・・・・・・・ 李 相瓊 郭炯徳訳 40

 『緑旗』初期の玄永燮・・・・・・・・・・・・ 南雲 智 55

在「満」朝鮮人作家の創作3

 戲曲 血の海の歌 中朝連合抗日戦争のなかで上演された民衆劇      カ マ ギ
                                       訳・解説  大村益夫

特集 「満洲国」文化の性格(9)

   古丁の経歴について・・・・・・・・・・・・ 岡田英樹 79

留日学生仲同升のこと ・・・・・・・・・・・・大久保明男 85

「満洲国」における芸術的抵抗の一例 加納三郎の場合 (上)  ・・・・・・・・・・・・ 西 田 勝 90

慈灯の小説における底辺層の人々  ・・・・・・・・・・・・  呂 元 明 102 
                                      岡田英樹訳

  ────────────────────────────────────── 

「満洲国」時代のモンゴル人作家の創作①     ・・・・・・・・・・・・ エルデムトゥグス 112
          短篇小説  別れ                       訳・解説   ウリジバヤル 
 ──────────────────────────────────────── 

  『哈爾賓日日新聞』文化系主要目次(2) ・・・・・・・・・・・・  谷本澄子編 118

  『満洲新聞』文芸主要目次 (4)  ・・・・・・・・・・・・  斎藤秀昭編 128

  雑誌『興 農』細目(4)  ・・・・・・・・・・・・  城間正人編 138

  《満洲国》 文化細目補遺(2)・・・・・ 呉暎『両極』(岸陽子)146  古丁『浮沈』・『悲哀的玩具』(岡田英樹)148

 ─────────────────────────────────────── 

新発見作品  『燕人街』抄(5)  評論篇(下) 太田二郎・高橋順四郎 149 

          仲同升(駱駝生)「満洲プロレタリヤ文学運動史概論」 157

視角とアンテナ─────────────────────────────────── 

「台湾馬華文学」について・・・・・・・・・・・・ 黄 英 哲 165

「蕃人内地観光」をどう見るべきか ・・・・・・・・・・・・ 溥 琪 貽 166

樺太アイヌの悲劇 ・・・・・・・・・・・・ 神谷忠孝 168  

書 評  ─────────── 

大村益夫編訳『風と石と菜の花と 済州島詩人選』 ・・・・・・・・・・・・ 林  郁 170

   富山妙子著『アジアを抱く』 ・・・・・・・・・・・・ 和泉あき 171 

 柳書琴著『荊棘之道』・・・・・・・・・・・・ 星野宏修 173

田島俊雄ほか編『中国セメント産業の発展』 ・・・・・・・・・・・・ 黄 紹 恒 175

特集 近代の日本と台湾(9)                    

  台湾における「特殊後植民情境」の文化現象 ・・・・・・・・・・・・  李 喬 178                                                                     若林 正丈訳

  マレーシア中国語文学と〈国家〉民族主義(下) ・・・・・・・・・・・・   黄 錦 樹 182 
                                         羽田朝子訳 

 ───────────────────────────────────── 

白色時代を描く台湾文学 9

小説 山の厄神   ・・・・・・・・・・・・  黎 紫 書  193
                            訳・解説  荒井茂夫                        

追悼 安藤彦太郎 大江志乃夫 

「巨星墜つ」  小島麗逸 209     「弟分」として   紅野敏郎 211 

 大江志乃夫氏の仕事  纐纈 厚 213  教師としての大江志乃夫先生  君島和彦 215

──────────────────────────────────── 

もう一つの帝国「植民」地 中国広東三灶島論 ・・・・・・・・・・・・  和仁廉夫 217

日本軍政下のインドネシア文学7)  ・・・・・・・・・・・・ H・B・ヤシン編 228 

伝統破壊・象徴・女性性による抵抗1  ハイリル・アンワル篇          奥島美夏訳

     ────────────────────────────────────            

編集後記 232   役員名簿 169 

top









 

植民地文化研究 第10号

フォーラム 植民地主義と女性  

「台湾」を書く   ・・・・・・・・・・・・ 津島祐子 2
植民地とジェンダー ・・・・・・・・・・・・ 朴裕河 8
「満洲作家」梅娘の場合 ・・・・・・・・・・・・  南雲智 16
「コロニアル・フェミニズム」は可能か・・・・・・・・・・ 洪郁如 27

  討論録 岡田孝子・西成彦・岸洋子ほか・・・・・・・・・・・・・・・ 35


 特集  日本植民地下の朝鮮文学

李光洙と『新時代』・・・・・・・・・・・・ 渡辺直紀 46

金史良の新発見小説「虎の鬚」をめぐって ・・・・・・・・・・・・ 郭炯德 62

   在「満」朝鮮人作家の創作3

 車中にて よろずやおじさん  ・・・・・・・・・・・・安寿吉 訳・解説 大村益夫 75
                                     

特集 「満洲国」文化の性格(10)

   言語創造の探検家・古丁・・・・・・・・・・・・ 岡田英樹 84

楚図南 東北における五四運動の伝播者 ・・・・・・・・・・・ 呂元明 95

「満洲国」における芸術的抵抗の一例 加納三郎の場合 (下)・・・・・ 西 田 勝 114

    加納三郎著作年譜未定稿 ・・・・・・・・・・・・  131                                   

  ────────────────────────────────────── 

『哈爾賓日日新聞』文化系主要目次(3) ・・・・・・・・・・・・  谷本澄子編 132

 『満洲新聞』文芸主要目次 (5)  ・・・・・・・・・・・・  斎藤秀昭編 1428

 『新天地』主要目次(1)  ・・・・・・・・・・・・  田中伸二編 152
 
  ─────────────────────────────────────── 

新資料  野川隆「陽光の哈爾浜」ほか・・・・・・・・・・・・・・・・・・161

視角とアンテナ─────────────────────────────────── 

  原発震災福島と基地の沖縄・・・・・・・・・・・・ 林 郁 168

  東日本大震災と中国人研修・実習生 ・・・・・・・・・・・・ 田嶋 淳子 170

  「日本植民地児童文学史」へのアプローチ ・・・・・・・・・・・・ 上笙一郎 172 

書 評  ───────────────────────────────────                  

徐禎完・増尾伸一郎編『植民地朝鮮と帝国日本』 ・・・・・・・・・・・・ 神谷忠孝 174

   国際高麗学会日本支部編『在日コリアン事典』 ・・・・・・・・・・・・ 文京洙 175 

 ブラジル日本人作家 松井太郎小説選『うつろ舟』 ・・・・・・・・・ 西原和海 177

植民地文化学会ほか編『偽満洲国的真相』 ・・・・・・・・・・・・ 郭洪茂・李ナ 179


特集 近代の日本と台湾(10)                    

  漫遊する男女 横光利一の『上海』(上) ・・・・・・・・・・・・  彭小妍 178                                                                     岡田 英樹 訳

  植民地法制の不平等性 ・・・・・・・・・・・・   許介鱗 197 
                              安藤潤一郎 訳 

  鋼製ワイヤロープの高度・・・・・・・・・・・・・・・ 鄭清文 213 
                              三木直大 訳

  葉石濤の私小説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 西田勝 223

 ───────────────────────────────────── 

白色時代を描く台湾文学 9

調査 : 叙述   ・・・・・・・・・・・・  舞鶴  230
                            訳・解説  小笠原淳 
     ──────────────────────────────────── 

  韓国・日本のナショナリズムは超えられるか ・・・・・・・・・・・・  纐纈 厚 247

  日本軍政下のインドネシア文学8)  ・・・・・・・・・・・・ H・B・ヤシン編 258
          伝統破壊・象徴・女性性による抵抗2               奥島美夏 訳

     ────────────────────────────────────            

編集後記 264   役員名簿 113       表紙カット カンボジア アンコールワット壁面の女神像

top












植民地文化研究 第11号




top











植民地文化研究 第12号




top









植民地文化研究 第13号


top










植民地文化研究 第14号



top









植民地文化研究 第15号



top









植民地文化研究 第16号


top

index














































 

日本「武士道」の謎を暴く

                                                                                                                                       

           台湾日本綜合研究所長 許介

1.

日本の武士道精神とはいったい何か。一言でいえば、武士道の要訣とは、死を看破し、「死を恐れず」、主君のために何のためらいもなく命を捨てて身を捧げることである。このような思想は伝統儒家の「士道」に対する一種の反動でもある。儒家の「士道」は君臣の義を重んじ、「君臣義合」、「父子天合」の人倫観念をもつが、日本の「武士道」は主君のために死を恐れず、命はいらないという覚悟を根本とする。

 武士道が重視したのは君臣の戒律であり、「君は君たらざるも」(君が暴虐無道でも)「臣は臣たらざる」(臣が臣道を尽くさない)べからず、であり、忠を尽くすことは絶対的価値だった。中国の原始儒学は孝を本とし、孝を尽くすことこそ絶対的価値だった。もし「父に過ちがあり」、子は「三度諫めても聞き入れられなければ、号泣してこれに随う」が、もし「君に過ちがあり」、臣が「三度諫めても聞き入れられなければ、これより逃れる」のである。武士道論者は、儒家の「士道論」は命を惜しみ、死を恐れる私心を覆い隠すことにあり、それは人倫を見極め主君の道徳がどうであるかに重きを置いてはじめて生死を選択するので、死に直面して潔くない、と考える。ただ純粋で徹底的な覚悟の死だけが武士道の人より強いところである。武士道の徹底的な覚悟の死では、その容貌、言葉遣い、立ち居振舞いも人と違う。武士社会は礼儀を重んじたが、封建社会階層秩序を尊び従うだけでなく、さらに進めて「礼儀正しい」ことこそ、武士が人より一段強い表現だった。武士は「潔く死な」なければならず、君が切腹といえば切腹しなければならなかった。これは日本の鎌倉武家時代以来の伝統である。

 

2.『葉隠』は武士道精神の源流

 

日本の武士道の古典は『葉隠』と呼ばれ、江戸時代の佐賀藩(肥前鍋島藩)に伝わる武士道の伝習書である。「葉隠」とは樹木の葉陰のような、人から見えないところで主君のために「身を捨てて奉公する」意味である。この書は佐賀藩士・山本常朝(1659-1710

が伝述し、同藩藩士・田代陳基が聞き書きして整理したもので、18世紀初めの1716年『葉隠聞書』写本が完成、計111200節余、『葉隠』あるいは『葉隠集』と略称される。巻一、巻二は武士の心得修養を講じ、巻三は鍋島藩祖・直茂、巻四は初代藩主・勝茂、巻五は二代目藩主・光茂(山本常朝の主君)およびその嫡子すなわち三代目・綱茂、巻六は鍋島藩古来の事蹟を講じ、巻七、巻八、巻九は鍋島藩武士の「武勇奉公」の言行を講じ、巻十は他藩の武士の言行、巻十一は補遺である。

 

 『葉隠』が表現する武士道精神は果断に、いささかの未練もためらいもなく死ぬことである。一般の人びとは生命に執着するが、武士道はそれに否定的態度をとり、死だけが誠で、その他の功名利禄は幻だと考える。一人の人間が名利を捨てて、「死身」を以て義勇奉公する際に、この世の真実が見える。武士が標榜したのは精神上の優越である。つまり、心理的にまず己に勝ってはじめて他人に勝つことができるのである。まず「自分の命をいらなくする」ことができてはじめて「他人の命をもらう」ことができる。これは日本の武士に人一倍強い道徳律だった。「命がいらない」ことと「人の命をもらう」ことは密接に関わっており、「葉隠」の教訓は非常に残酷な武士の論語だった。

 

 たとえば佐賀鍋島藩祖直茂はその子勝茂に、「斬首に慣れるには、罪人を斬首することから始めるように」と言って、西の門内に十人並ばせ、斬首を試させた。勝茂は続けて九人の首を切って、十人目が健康そうな若者であるのを見ると、「もう十分斬った。こいつは生かしてやれ」、と言ったので、この男は斬られずに済んだ[1]。日本の軍人が中国を侵略した際の「百人斬り」の残酷な典型をここに見ることができる。

 

 『葉隠』の著述者・山本常朝一家の典故も髪の毛を逆立てさせるものである。

 山本常朝の異母兄山本吉左衛門は父親山本神右衛門の指示通りに、5歳で犬を殺し、15歳で罪人を斬殺した。[昔の]武士たちは1415歳から斬首の実習を始めた[2]。このように武士は子供の頃から刀を身につけて成長し、人を斬殺しても気にしないような精神を養った。

 武士道の本義は日本の戦前の教育勅語の教えのように、「義勇公に奉じ」を最高原則とし、これは武士が「人に奉公する」ための心の準備で、非常に残酷で非人道的だった。例を挙げると、佐賀鍋島藩四代目吉茂は若いとき非常に粗暴で、家臣の中で気に入らぬ者の妻の悪口を扇に書いて付きの者に渡し、「この扇を見せてどんな反応をするか報告せよ」と言った。家臣は扇を見た後で誰が書いたかも知らず、すぐに扇を破った。付きの者はありのままを報告した。吉茂公曰く、「主人が書いたものを引き裂くとは無礼者。切腹を命ず[3]。」武士道の世界では、「切腹は武士道の最も忠義の証」である。山本常朝も、武士が尽くすべき忠義は殉死を以て最高とする、と言っている。

 身の毛がよだつような話がある。江戸屋敷の倉庫見張り番・堀江三右衛門は倉庫にあった金銀を盗み、逮捕され供述を迫られた後で、「大罪人につき拷問死」の命が下された。まず体中の体毛を焼き尽くし、爪を剥ぎ、足の筋を切断し、きりなどの道具で責め苛んだ。しかし、彼は泣き叫ぶようなことはせず、顔色一つ変えなかった。最後に背骨を立ち割り、煮えたぎった醤油をその上にかけると、彼は体を反らせて死んだ[4]

 

 武士道は義、忍、勇、礼、誠、名誉、忠義などの徳目を重んじると伝えられているが、実際には残酷無情で、見るに忍びないものだった。中世の鎌倉時代、源氏一族の親兄弟(源義朝、源為義、源為朝)は、骨肉の殺戮の末、正式な跡継ぎが途絶えていた。北条氏の策謀により功臣たちの命脈も途絶えた。日本の戦国時代の無情は血なまぐさい殺戮史がその証拠である。主君殺しには、将軍義輝に反逆して殺した松永弾正、父親殺しには、父齋藤道三を殺した齋藤義龍、兄弟殺しには、家主の地位を継ぐために長兄の死後次兄およびそれを支持するすべての家臣を殺した今川義元、実の子殺しには、織田信長の言うことを聞いて実の長男徳川信康を自害に追い込んだ江戸幕府初代将軍徳川家康がいる[5]。日本の武士の残酷さ、非人道性はそこここに見られ、武士道精神のもう一つの真実を見ることができる。

 

3.迷走する武士道「旅順大虐殺」

 

 甲午戦争[日清戦争]は第一次中日戦争(1894-95年)とも呼ばれるが、当時の日本の陸軍大将・大山巌が第二軍を指揮し、18941121日に中国[清]北洋海軍基地旅順港への攻撃開始後、旅順大虐殺事件が起こった。『日本外交文書』では「旅順口虐殺事件」と称し、英米はPort Arthur AtrocitiesあるいはPort Arthur Massacreと称している。これは日本の武士道精神の中国での最初の発威だったかもしれない。

 

 旅順大虐殺の犠牲者数はいったいどれぐらいだったのか。

 1895年、遼東半島をめぐる「三国干渉」により旅順が中国[清]に返還され、中国[清]の遼東接収委員・顧元勲は、旅順の遺骨、遺灰埋葬地に「万忠墓」をつくった。記録された受難者は約一万八千人だった。1948年「万忠墓」再建の際、記載された犠牲者数は二万人余だった。中国の歴史学者・孫克復、関捷編著『甲午中日陸戦史』(黒龍江人民出版社、1984年)は、これにもとづき犠牲者数は二万人余であると主張した。19943月、「旅順万忠墓紀念館」建設時、万忠墓を再発掘、整理し、「日本軍は旅順市区に侵入後、手に寸鉄を持たぬ平民庶民に対して四日三夜の野蛮な大虐殺を行い、二万近い無辜の同胞が惨殺された」と記載した[6]

 

 当時の旅順市の居住人口は約二万人余だった。18953月号の『北米評論月刊』(North American Review)の報道によれば、「旅順市街に残った中国人は36人だけだった」という。彼らは死体の搬送、埋葬に使われたのである。

 

 日本軍第二軍の法律顧問として従軍した日本の国際法学者・有賀長雄は、彼の著作『日清戦役国際法論』(陸軍大学校、1896年)において、当時市街にあった死体の総数は約二千であり、非戦闘員約五百体を含んでいた、と述べている。もちろん日本側は加害者であり、日本軍に非戦闘員(平民)の虐殺があったことを隠蔽しようとした。明治天皇が宣戦の詔勅で「苟モ国際法ニ戻ラサル限リ各々権能ニ応シテ一切ノ手段ヲ尽クスニ於テ必ス遺漏ナカラシムコトヲ期セヨ」と、日本の軍人に戦時国際法を厳守し、日本は「文明国」であるとして欧米に重視させるよう求めていたからである。しかし、旅順には日本軍と行動をともにしていた4人の外国特派員記者がおり、旅順大虐殺事件を目撃した。

 欧米の従軍記者の中で、アメリカとフランスのヘラルド(Herald)のガーヴァー(Garver)が買収されて日本を擁護する立場に立った以外、その他のイギリスのタイムス(Times)のコーエン記者(Thomas Cohen)、スタンダード(Standard)のウィリヤース記者(Villiers)、アメリカのワールド(The World)のクリールマン記者(James Creelman)の3人は語気に若干の違いはあるが、日本軍が犯した虐殺の罪行を強烈に非難している。

 

 たとえば、18941120日にニューヨークで発行されたWorldの編集標題は「旅順港の惨殺で少なくとも二千人の手に寸鉄を持たぬ人びとが日本軍に虐殺された」というもので、日本軍の暴行を激しく批判、日本人は文明の皮膚をまとい、野蛮な筋骨をもった怪獣であり、「日本は今や文明の仮面を脱ぎ捨て、野蛮な本性をあらわにした」と攻撃する内容だった。さらにイギリスのタイムス(Times)の記者も、日本軍は捕虜を縛ったまま虐殺し、平民とくに女性も虐殺した事実があることを明らかにした。

 

 日本人自身の証言によれば、日本郵船の貨物船遠江丸の一等運転手林治寛の体験は、「旅順口陥落ノ時上陸セシニ、死屍相積、三畳々散ヲナシ実ニ酸鼻ノ残(惨)状ヲ見シ。内ニ老アリ、幼アリ、婦人アリ、稚児アリ。未ダ死ニ至ラサルモノ伸(呻)吟ノ声、今ニ猶ホ耳ニ存スト」[7]というものだった。

 

 当時の日本の外相・陸奥宗光は、日本軍の虐殺のスキャンダルが国際社会に伝わらないように、手を尽くして外国通信社を買収した。たとえば、機密電報で駐英代理公使・内田康哉にイギリスのCentral Newsを金銭で買収し、タイムスの旅順大虐殺報道と異なる論調を提起させ、旅順市民に対するある種の残虐さは中国人逃亡兵の仕業と言わせるよう指示した。内田が返電で買収資金の不足を伝えると、外務省は予備金から日本円2000円を為替で送ると回答した。イギリスのCentral Newsは日本の情報工作にサービスする十分な報酬を得た。[8]

 

 他方、ロイター通信社(Reuters)の買収は当時の駐独公使・青木周蔵によって行われた。陸奥外相は「ロイター電信会社」(Reuters Telegram Company)が日本のために有利な情報を流すことで606ポンドの報酬を与えることを承諾した。当時横浜にあったジャパン・メール社も『Japan Mail』と『Japan Weekly Mail』を発行していた。社長のブリンクリーはロイター社の通信員でもあった。陸奥外相は内閣書記官長・伊東巳代治に、ジャパン・メール社に対して日本政府が毎日流す戦争情報をロンドンに電送するよう求めさせた。ブリンクリーへの陸奥の働きかけが成功すると、日本政府は補助金の名目で毎月ジャパン・メール社に一定の補助金を与えた。甲午戦争[日清戦争]後の論功行賞で日本政府はブリンクリーに「勲三等旭日章」ならびに恩賞金5000円を授与した。[9]

 

 しかし、ロイター社にはReuters Telegram CompanyReuters International Agencyとがあり、日本政府は前者と契約を結んで金を与えて買収していたが、後者は相変わらず日本に不利な虐殺の情報を伝えていた。当時『時事新報』を掌握していた世論の泰斗・福沢諭吉は「旅順の殺戮 無稽の流言」を書いて弁解した[10]。お雇い外国人ハウス(Edward House)を通して欧米の通信社、ワールド等に弁解が提示され、虐殺事件の沈静化を図り、日本国内でも虐殺事件の存在が忘れられた[11]。日本政府は、虐殺事件の徹底調査を行わないうちに、「旅順口占領に関する誤聞」として、ドイツ駐在青木公使、イギリス駐在内田公使、アメリカ駐在栗野公使、ロシア駐在西公使、フランス駐在曽祢公使、イタリア駐在高平公使等、欧米の各駐外公使に対して、各国への弁解のための弁明書を伝達した。[12]

 

 しかし、英米の新聞の、旅順大虐殺を目撃した記者の報道により、日本の大本営も、参謀総長から大山巌軍司令官に宛てた公文を持たせた人員を旅順に派遣し、きちんとした説明を求めざるをえなかった。大山の返信は1121日の旅順市内の兵士と人民に対する殺戮を認めたが、旅順の住民の多くは中国軍と関係があって抵抗を試みのだとか、黄昏時ではっきり見えずに殺戮が生じたなどと弁明していた。この他、捕虜の殺害については、反抗、逃亡に対する懲戒だと強弁し、日本軍と関係のある略奪行為は一概に否認した。要するに、参謀本部に対する大山巌の弁明書からわかることは、虐殺の規模の大小、虐殺の原因には弁解がなされているが、日本軍第二軍司令部は「旅順虐殺」の事実の存在をやはり認めているということである。

 

 当時の首相・伊藤博文は「旅順大虐殺」事件のことで大本営と協議した結果、日本が戦勝した以上、日本軍の士気を保ち、この事件の真相を調査して首謀者を懲戒してはならず、一貫して弁明する方針で国際世論に対応することを決定した。

 

 日本政府が日本軍による中国の庶民の虐殺を追究せず、ひたすら列強に対して日本が「文明国」だと弁明し、中日甲午戦争[日清戦争]は「文明国」の日本が「野蛮国」の中国を打ち負かしたのだと一貫して宣伝して以後、日本軍はさらに憚ることなく中国人を虐殺できるようになったのである。

 

 日本の武士道はここに至って、欧米列強に尻尾を振って金を送り嘘でごまかし、弱国中国に対しては反対に虐殺凌辱しても恬として恥じないというところまで堕落してしまった。

 

4.武士道が台湾で威を振るう

 

『台湾総督府警察沿革誌』等の資料によれば、日本は台湾占領後の数年間に、少なくとも以下の数件の大虐殺を行っている。これは日本の武士道の台湾での発威というべきである。

 

一.大??の大放火、殺人 1895年、馬関条約[下関条約]後、日本軍は台湾に上陸した。台北と新竹の間の大??渓沿岸の地区には猛者汪国輝、三角湧樟脳製造業者蘇力、樹林地主王振輝らがいて、それぞれ「住民自警団」を率いて自衛していた。712日、日本軍がこの地区に進軍すると、汪らは抵抗した。716日以後、日本軍の援軍が到着して、虐殺を繰り広げた。日本軍は大??以東、三角湧までの間のすべての村を抗日義軍とみなし、大??街を放火するよう命令を下した。かくして、4万人前後の繁華街は、722日から連続して3日間、遥か三角湧街にまで延焼し、20数里絶え間なく、あたり一面、寒々とした焦土へと変わり、焼失した住宅は合計1500戸余、死傷者は260人だった。抗日のリーダー汪国輝は日本軍に武士道のやり方で斬殺された[13]

 

二.大?林の婦女暴行 1895830日、日本軍は雲林地方に入り、92日大?林、すなわち今の嘉義県大林鎮に到達した。この地のリーダー簡精華は装備戦力が日本軍の相手にならないことをよく知っており、人びとが塗炭の苦しみをなめるのが忍びなかったので抵抗を放棄し、住民に道路を清掃し、食物を提供して日本軍を歓迎するよう命令した。ところが、予期に反して日本軍は簡に200人の女性を差し出すよう要求した。簡が応じなかったところ、日本軍は簡氏一族の女性60人余を強姦、殺害した。簡氏は激怒し、雲林の民衆を招集し、93日から弓矢、棍棒、落とし穴、自作の銃で日本軍を襲撃した。その後、簡精華は辜顕栄の誘いを受け、苦痛を忍んで帰順を受け入れたが、1ヶ月経たないうちに、自ら左手の血管を切り、自宅で失血死した。地元の人びとはその忠義に感動し、「簡忠義」として偲んだ[14]

 

三.蕭壟街の惨殺 18951010日、日本軍混成第四旅団が布袋嘴(嘉義地方)に上陸すると、当地の義軍のリーダー林崑岡は決死隊の勢いで郷里を守った。しかし、武器が粗悪で相手にならず、蕭壟街(今の台南県佳里鎮)まで退いた。そこで、日本軍は大がかりな捜索を行い、千人近い村民が渓谷のそばの雑木林の天然の溝や谷に隠れたが、嬰児の泣き声で発見されてしまった。日本軍は兵を派遣して長い坑の頭尾両端を遮断し、坑内に向けて一斉に20分近く激しく銃撃した。凄まじい叫び声と泣き声はこの世の地獄のようで、坑に避難した台湾人は一人として災いを逃れられず、嬰児、女性も一人として生き残らなかった。真に残酷さの極みであった[15]

 

四.雲林大虐殺 台湾中部の雲林地方に「大坪頂」と呼ばれる山地があり、三面は渓谷に囲まれ、東南は険しい山地につながり、地勢は険しく、柯鉄率いる柯氏家族が住んでいた。日本軍が北から南下した際に、簡義ら抗日分子が続々と風雨を避けてこの地に来た。189641日、雲林県地方は台中県に併合され、雲林支庁が斗六に設けられた。610日、日本軍混成第二旅団の守備隊が雲林地方に進駐を開始した。当時大坪頂には抗日分子千余名が集結しており、決死の覚悟で抗日を誓い、大坪頂を「鉄国山」と改名し、全島に檄文を発し、日本人を台湾から駆逐するよう呼びかけた。616日、日本軍の一連隊が斗六に進入すると、「鉄国山」の抗日軍はその鋭鋒を避け、深山に退いた。それから622日に至るまで、日本軍は雲林地方で血なまぐさい虐殺を行い、全部で4295戸の民家が焼かれ、六千人の民衆が惨殺された[16]。日本軍を歓迎した約50人の順民までもが殺された。

 

 当時の台湾高等法院院長高野孟矩は雲林大虐殺事件について次のように証言している。「漫然兵隊ヲ出シテ六日間ヲ費シ七十余庄ノ民屋ヲ焼キ良匪判然タラサル民人三百余人ヲ殺害シ附近ノ民人ヲ激セシメタルハ全ク今般暴動蜂起ノ基因ト認メラル故ニ土匪何百人又何千人ト唱フルモノ其実際ヲ精査スレバ多クハ良民ノ父ヲ殺サレ母ヲ奪レ兄ヲ害セラレ又子ヲ殺サレ妻ヲ殺サレ弟ヲ害セラレタル其恨ニ激シ又家屋及所蔵ノ財産悉皆ヲ焼尽サレ身ヲ寄スル処ナク彼等ノ群中ニ投シタルモノ実ニ十中七ハニ位シ真ニ強盗トシテ兇悪ヲ極ムル輩ハ十中二三ニ過キサル。」[17]

 

 189674日香港の英字紙『Daily Press』が日本軍の616日から622日までの雲林大虐殺事件を明らかにしたことにより[18]、日本軍が台湾民衆を虐殺した事実が国際的な関心を引き起こした[19]。日本政府はしばしば関係部局に、香港の新聞の土匪に関する報道を取り消すよう訓令し、また拓殖務次官に外事新聞[20]に(作り上げた)事実を掲載するようにし、外国の新聞ではこのことを隠蔽するようにした。しかし、雲林大虐殺を契機として、台湾各地では連鎖的に日本の統治に対する不満が爆発し、各地で抗日運動が起こった。国際世論の圧力の下で、第二代の台湾総督桂太郎が退任を余儀なくされた。皮肉なことに、就任した第三代の総督乃木希典は甲午戦争[日清戦争]の旅順大虐殺で責任を負うべき旅団長だったのである。

 

五.阿公店大虐殺 第四代台湾総督・児玉源太郎と民政長官・後藤新平は「台湾近代化」の生みの親で、彼らは台湾に「懐柔政策」を実行した「能吏」だ、と讃えるものがいるが、彼らにはもつれた麻を切るごとく人を切る日本の武士道の本性があり、大虐殺によって抗日台湾人を鎮圧して台湾統治の基礎を確立したことを見落としている。児玉は1898年に台湾総督に就任、1112日からの、台湾中南部の抗日軍に対する、日本人が「大討伐」と呼んだ大規模攻撃の展開を決定した。この「大討伐」は台南県知事が台湾総督に提出した報告によれば、殺害した人数は2053人に達し、負傷者は数え切れない。焼かれた民家数は、全焼が2783戸、半焼が3030戸だった。家屋の全焼、半焼、家財の焼失などの損害は、当時の貨幣価値で3万8千円余に達した。[21]中でも被害がもっとも残酷だった阿公店地方には、安平、打狗(高雄)に住む外国人がおり、日本軍の残虐暴力に議論が沸きおこり、イギリス長老教会牧師ファーガソン(Duncan Ferguson)等は『香港日報』(Daily News)に投書し、日本軍の人間性を喪失した大虐殺の人道問題を提起して、国際世論の非難を巻き起こした[22]

 

六.帰順式場に誘き出しての惨殺事件 児玉と後藤の台湾中南部の抗日勢力への対応は、軍警の大規模な「討伐」以外に、投降を呼びかけ、誘き寄せて殺す策略を使った。これがいわゆる「土匪招降帰順政策」であり、画策者は児玉長官、立案参与者は後藤民政長官、総督府事務官阿川光祐、策士は白井新太郎で[23]、中でも雲林の騙し討ちが抗日軍でもっとも人を驚かせる事件だった。1902年、斗六庁長・荒賀直順は警務課長・岩元知と投降を呼びかけて殺戮する計画を密かに画策した[24]

 

 514日、斗六庁長・荒賀と当地の守備隊長、憲兵分隊長は525日に帰順式を開いて騙し討ちすることを画策した。518日、岩元警務課長は林?埔、?頭?、土庫、他里霧、下湖口の5人の支庁長を招集し、帰順式典を行う真意と段取りを指示し、斗六、林?埔、?頭?、西螺、他里霧、内林の6ヶ所を式場とすることを決定、各市庁長に十分な準備をするよう命じた[25]

 

 帰順の意思を示した抗日の各リーダーに対しても、表面的には甘言を弄し、彼らの帰順を許したが、内心では徹底的な殲滅を企てていたので、張大猷以下265人の抗日分子をこの年の525日に誘い出すことを決め、6ヶ所でそれぞれ帰順式を行うと公言した。すなわち、一.斗六式場60余人、二.林?埔式場63人、三.?頭?式場38人、四.西螺式場30人、五.他里霧式場24人、六.林内式場39人である。その後、機関銃で6ヶ所同時にすべて殺戮した[26]。このような投降を誘い、騙して殺戮した事件に関して、日本人は口実を設け、525日、帰順式場での妄動により、一斉に殺戮したと説明しただけであり、騙して殺した事実を隠蔽した。

 

七.??<口+年>大虐殺 1915年余清芳が台南の西来庵「食菜堂」を中心として抗日運動を推進、展開していた頃、日本軍警は誘き出して殺す計略を使って、台南??<口+年>(玉井)付近の後?、竹圍、番仔?、新化、内庄、左鎮、茶寮等二十余村落住民3200余人を、老幼を分けず、次々に殺戮した[27]。日本人はこのような世にも悲惨な大殺人に対して隠蔽の限りを尽くした。たとえば、秋澤次郎が著した『台湾匪誌』は「匪賊の暴動」と「聖恩が洪大で果てしない」ことを饒舌に叙述している以外に、前述の騙し討ちの事実を示していない。しかし、その文中には騙し討ちのかすかな手がかりを覗き見ることができる。たとえば、文中で「斯くて残匪の誘出終るや総督府に於ては、彼等の中で罪状最も重く大正四年十一月の大赦の恩典に浴する能はざる者は假令投降したとはいえ、国法を抂げて刑を全免するが如きは国家の威信を傷くるものであるから、夫等の者に対しては厳粛なる処刑の必要を認めたのである。」[28]と書いており、抗日リーダー江定らはこのように投降を呼びかけられて処刑されたのである。

 

 後藤新平は『日本植民政策一斑』で彼が台湾を統治していた五年間に法にもとづいて「殺戮した匪徒の数」は11950人に達した[29]と公然と述べている。日本のいわゆる「匪徒」とは、いうまでもなく、すべて「抗日」の台湾人のことだった。

 

 台北市文献委員会副主任委員・王国?編著『台湾抗日史』によると、「台湾が日本人の手に落ちて五十と一年になろうとしているが……わが同胞で虐殺に遭った総数は約40万人近く、焼かれた家屋は乙未年(1895年)内だけでも三千余に達し、婦女の淫虐、壮丁の奴役にいたっては、その精神上の損失はさらにはかりがたい[30]。」

 

 現在、日本の右翼分子はしばしば日本の五十年の台湾植民地統治の成功を「近代化」と称賛し、多くの台湾の学者も追随して台湾の「植民地化」は「近代化」であるといっている。もし台湾の日本への割譲後、日本の武士道が台湾で威を振るい、台湾ではじめて「近代化」の成果があったのであれば、台湾人は腰抜けで、台湾人自身には「近代化」の能力がない、というに等しいのではなかろうか。

 

5.新渡戸はなぜ英文版『Bushido』を出版したのか

 

 新渡戸はなぜ1899年に『Bushido』を著して武士道に新たな解釈をしたのか。『武士道』の出版はどのように新渡戸の登竜門となり、富貴栄華を獲得する足がかりとなったのか。もっとも主要な秘訣はアメリカ人女性メリー(自称「万里」Marry Patterson Elkinton 1857-1938)を妻としたことである。当時日本は甲午戦争[日清戦争]で中国に勝利し、二億三千万両、ほぼ三億六千万円に相当する賠償金と台湾植民地を獲得したが、日本軍には「旅順大虐殺」、「領台大虐殺」の残虐行為があり、列強は依然として日本を野蛮国と見なしていた。日本は日本軍の行為は「武士道」の行為であり、一種の崇高な品徳であると国際的に説明しなければならなかった。

 

 新渡戸は1884年アメリカに留学し、アメリカのボルティモアに新設されたジョンズ・ホプキンス大学に入学した。同学には後の大統領ウイルソン(Woodrow Wilson)がいた。彼は在学期間中の1886年アメリカ人女性メリーと知り合った。メリーはフレンド派の信徒(通称クエーカー教徒)で愛国者であり、新渡戸も愛国者で、メリーを追うために彼もフレンド派の信徒になった。メリーの父親は日本人を野蛮な民族と考え、メリーと新渡戸との結婚に反対したが、二人は5年間交際した後、1891年に結婚した。当時メリーは33歳、新渡戸は28歳で、年齢差は5歳だった。結婚後二人は東京に居を構えたが、日本という海の中に漂う孤島のようなもので、居住環境は完全にアメリカ式だった。メリーは初めて日本人と結婚したアメリカ人女性で、日本語を話さず、日本人の考え方や行動様式にもかまわず、文化的にも心理的にも、元通りアメリカ人の行動様式(American way of life)のままに日本で生活した。しかし、彼女は夫の英文書『Bushido(武士道)』に協力し、日本の伝統と欧米を比較し、日本の武士道と欧米の騎士道の相似性を詳述して、日本の切腹、敵討等は決して野蛮ではないと弁解した。美しく上品な英文の助けを借りて、この書は欧米読書界を風靡し、新渡戸稲造の名前は瞬く間に世界に伝わった。かくして、「武士道」を語ることは「新渡戸」を語ることであり、「新渡戸」を語ることは「武士道」を語ることになり、その名は天下に知れ渡った[31]。これ以後、新渡戸は京都帝国大学教授(1904年)、第一高等学校校長(1906年)、アメリカのカーネギー財団(Carnegie Foundation)交換教授(1911年)、東京帝国大学教授(1915年)、東京女子大学校長(1918年)、国際連盟事務次長(1919年)等、一段一段階段を登りつめた[32]

 

 新渡戸は『Bushido』初版序説で、「この小著の直接の端緒は、私の妻が、かくかくの思想もしくは風習が日本にあまねく行なわれているのはいかなる理由であるかと、しばしば質問したことによるのである」[33]と述べている。武士道の掟は西洋人から見ると野蛮で、円滑に説明する方法を考えなければならなかったので、彼女に理解させ、彼女を納得させることができるまで、再三討論した。新渡戸のこの著作は他にアメリカの女性の友人アンナ(Anna C. Hartshorne)の協力を得ている。彼女と彼女の父親ヘンリー(Henley Hartshorne)は1893年に日本を訪れ、新渡戸の家で何年も暮らした。アンナが残した手紙は彼女が『Bushido』の著述に深くかかわっていたことを証明している。残されている記録によると、新渡戸の手が震えて書き続けられなくなったとき、アンナは新渡戸の口述を聞き取り、彼に替わって筆記したという。新渡戸はこの書の序の末尾でアンナに対する感謝の気持も明らかにしている[34]

 

 このように英文で新たな解釈を示した『武士道』が、義和団事件が発生した1900年、アメリカのフィラデルフィアで出版された。フィラデルフィアはペンシルバニア州にあり、ギリシア語で「友愛」の意味をもつ。植民地時代からフレンド派の信徒ペン(William Penn

が建設を指導し、1776年にアメリカ独立宣言、翌年、憲法が発布された歴史的記念都市となった。この書の出版は折りしも欧米人が「日本精神」と中国の「義和団」(西洋人はBoxerと称した)を比較評価する機会となった。この書は日露戦争勃発後の1904年、アメリカ人の協力により、比較的大きな出版社から再版された。日露戦争で日本はロシアの白色人種に勝利したおかげで、国際的に日本への関心と興味が深まり、英文版の『武士道』はベストセラーになった。新渡戸はこのときから日本精神、日本倫理学の権威となり、世界にその名をあげた。1905年日露戦争戦勝の年、明治天皇はとくに『武士道』の作者新渡戸を宮中に召見したが、当然メリー夫人も随行して皇居で拝謁した。

 

 日本が日露戦争でロシアを打ち負かすことができたのは、実際にはアメリカ金融資本の援助に依拠していた。当時ドイツ系ユダヤ人が創設した投資銀行クーン・レーブ商会(Kuhn, Loeb & Co.)の社長は、ドイツ生まれでアメリカに移住、帰化したシフ(Jacob H. Schiff)であり、彼は彼のヨーロッパのユダヤ系金融資本家の友人ロスチャイルド(Lord Rothschild)とともに、ロンドンとパリでロシアが戦債を工面しようとしているのを封鎖し、シフのクーン・レーブ商会が責任をもって日本の日露戦争時の四回の外債募金を行い、合計三億五千万米ドルを募金で獲得した。これは日露戦争時の日本の戦費のほぼ半分である[35]。シフは戦後の1906年日本に赴いた。明治天皇が召見し、日露戦争の挙債の功労に感謝して「勲一等瑞宝章」を贈った。シフは対露戦争の協力者だったからこそ明治天皇が召見し、新渡戸夫婦は日本が対外戦争に従事する際、「武士道」精神で包装した功労により召見を得たのである。

 

 新渡戸稲造が明治天皇に呈上した『上英文武士道論書』からも、彼が武士道を著した真意を完全に理解できる。

「伏て惟るに、

皇祖基を肇め、

列聖緒を継ぎ、洪業四表に光り、皇沢蒼生に遍く、声教の施す所、徳化の及ぶ所、武士道?に興り、鴻謨を輔けて、国風を宣揚し、衆庶をして、忠君愛国の徳に帰せしむ。斯道

卓然として、宇内の儀表たり。然るに外邦の人猶ほ未だ之を詳にせず、是れ真に憾むべ

きことなりとす、稲造是に於て武士道論を作る。」

「稻造短才薄識加ふるに病羸、宿志未だ成す所あらず、上は

聖恩に背き、下は父祖に愧づ。唯僅に卑見を述べて此書を作る。庶幾くは、

皇祖皇宗の遺訓と、武士道の精紳とを外邦に伝へ、以て国恩の萬ーに報い奉らんことを。

  謹で此書を上り、乙夜の覧を仰ぎ奉る  誠惶頓首。

明治三十八年(1905年)四月京都帝国大學法科大學教授從五位勳六等農學博士新渡戸稻造 再拜白[36]

 

 この書は1899年に出版後、数回の増訂、再版を経て盧溝橋事変翌年の1938年、矢内原忠雄によって翻訳された日本語版が岩波書店で出版され、日本の『武士道』論の決定版となった。この書の第十六章「武士道は尚生くる乎」は「武士道は我国の活動精神、運動力であったし、又現にさうである」と断定している[37]

 

 「王政復古の暴風と国民的維新の旋風との中を我国船の舵取りし大政治家たちは、武士道以外何の道徳的教訓を知らざりし人々であった」。「現代日本の建設者たる佐久間、西郷、大久保、木戸の伝記、又伊藤、大隈、板垣等現存せる人物の回顧談を繙いて見よ――然らば彼等の思索及び行動は武士道の刺戟の下に行なはれし事を知るであらう」[38]

 

 たしかに、佐久間、西郷、大久保、木戸、伊藤、大隈、板垣らは、日本の「王政復古」の維新事業を推進し、日本が「上下一体の皇国」となることを促した志士であり、しかも、日本も甲午戦争[日清戦争]、日露戦争を経て「皇国を世界第一等の強国」にした。しかし、日本の「内政」の成果はアジア隣邦への「外征」の犠牲の上に成り立っていたのである。

 

 佐久間象山は「東洋道徳、西洋芸術」論を提唱した思想家で、彼はイギリスが発動したアヘン戦争をひたすら自己の利益を図り、礼儀廉恥を知らないと評した。彼の理想は日本という「皇国が世界第一等の強国となる」ことであり、日本の志士が「開国進取」の方向へ向かうよう啓蒙することだった。佐久間は最後に幕府の上層一橋慶喜および将軍徳川家茂に拝謁し、「開国」の時流を語り合ったが、「倒幕」、「攘夷」の志士に暗殺された。

 

 西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允は「王政復古」明治維新の三大功臣である。西郷は「征韓論」が有名で、不平士族に擁立されて謀反を起こし、戦いに敗れて自刃した。大久保は明治初年欧米視察の機会を得、欧米列強が虎視眈々としている様子を見て、「内治」を先行させることを主張し、「征韓」に反対したが、1874年「征台」、「台湾処分」の主張に転じ、中国への「強硬外交」の推進へと至った。1878年、不満士族に暗殺された。木戸孝允は「尊皇攘夷」の志士で、初めは「征韓論」を唱え、下級武士の不満の捌け口を作ったが、1872年に岩倉外交使節団に随って欧米を巡歴して帰国後、態度を改めて「征韓」に反対し、「征台」にも反対した。西南戦争中に死亡した。伊藤は日本の内閣制の創設と明治憲法制定の功臣であり、第二次組閣時に海軍を拡張し、中日甲午戦争[日清戦争]を挑発、強行し、日露戦争後、韓国併合のために日韓協約を締結し、初代韓国総監に任命されたが、韓国の愛国志士安重根に暗殺された。

 

 大隈は1874年日本が「征台」に出兵したときの事務局長官で、第一次世界大戦時に組閣して対独宣戦、中国に対して二十一ヶ条の要求を突きつけ、山東におけるドイツの特殊権益を日本に移すことにつとめたが、日本の右翼玄洋社社員来島恒喜に爆弾を投げられて片足を失った。板垣は「征韓論」の首脳で、征韓論の失敗により下野し、後に愛国公党、自由党等各種政党を組織し、政治活動に参加、対内的に「自由民権」を主張したが、対外的に「征韓」、「対中国開戦」を主張した。

 

 以上の歴史から見て、日本の武士道思想の影響下の大政治家は日本にとってたしかに明治維新の功臣だったが、隣邦の民衆にとっては明らかに対外武力侵略の元凶だったことがわかる。もし隣邦の被侵略者の立場から見るなら、日本の武士道思想は否定されるべきものである。

 

 新渡戸の「武士道」論の中で中日甲午戦争[日清戦争]をいかに論じているかを見てみよう。

 「矮小ジャップ」の身体に溢るる忍耐、不撓並に勇気は日清戦争に於て十分に証明せられた。「之れ以上に忠君愛国の国民が有らうか」とは、多くの人によりて発せられる質問である。之れに対して「世界無比!」と吾人の誇りやかに答え得るは、之れ武士道の賜である[39]

 

 日本人にとっては武士道の賜だとしても、旅順で大虐殺に遭った中国人、日本が台湾を占領したときに大虐殺に遭った台湾同胞も日本人と同じように武士道の残酷さを讃えるだろうか。

 

 新渡戸は再度強調している。

 「鴨緑江に於て、朝鮮及び満洲に於て戦勝したるものは、我々の手を導き我々の心臓に搏ちつつある我等が父祖の威霊である。之等の霊、我が武勇なる祖先の魂は死せず、見る目有る者には明らかに見える。最も進んだ思想の 日本人にてもその皮に掻痕を付けて見れば、一人の武士が下から現はれる」[40]

 日本の武士道の武力や権勢の魂魄刀の下の中国人、朝鮮人、琉球人、原住民族は、もし独立した自由意志をもつ人間であれば、日本帝国主義の蹄鉄の下に屈服を願うはずはないのである。

 

 新渡戸は1920年から国際連盟事務局次長を7年間つとめ、日本の国際的宣伝工作の責任を負った。帰国後、貴族院議員に就任、太平洋問題調査会理事として瀋陽事変[満洲事変]後、日本軍の中国東北出兵に弁解し、1933年死去した。彼のアメリカ人の夫人メリーは盧溝橋事変の翌年の1938年に亡くなった。彼ら夫婦は1904年から05年の日本の対露戦争を支持しただけではなく、1931年の瀋陽事変[満洲事変]以来、1930年代に、一貫して日本軍の中国での軍事行動は正しいと弁護した。換言すれば、「武士道」新解釈の意図は、欧米列強に対して、日本の東アジア侵略の理論を弁解し正当化することだった。

 

6.結論

 

 新渡戸は台湾製糖業の改革において重要な役割を演じた。彼は台湾総督府の招請を受け、19012月、台湾総督府技師に就任、5月、民政部殖産課長に昇格、11月、新設の殖産局局長に任命され、19026月、臨時台湾糖務局新設時、局長も担当、190310月、京都大学法科教授に転任、台湾で三年四ヶ月を過ごした。

 

 彼の台湾での具体的功績は19019月に「糖業改革意見書」を提出し、最大の課題が保守的な農民に新品種、新技術を採用させることであるとの考えを示したことで、児玉源太郎、後藤新平に対し、プロイセンに馬鈴薯を普及させるために強制力による実行を厭わなかったプロイセンのフレデリックⅡ世(1712-1786)のように、台湾の専制啓蒙君主となることを進言した。かくして、新渡戸の提案の下で、「台湾糖業奨励規則」が作成され、総督府が奨励金を支出し、外国から甘蔗の新品種を取り入れ、蔗苗と肥料を購入する費用、開墾費用、灌漑および排水費用、製糖機械器具費用等各種の手厚い補助を与える一方、臨時糖務局を設立、台湾伝統の糖<广+部>を淘汰し、糖業の「近代化」を進めた。しかし、その結果は、台湾人自営の糖業を駆逐して日本本土の糖業資本を台湾に侵入させ、台湾の製糖業を独占することだった。

 

 新渡戸は植民地主義を肯定し、植民地は新領土であると認識していた。彼はイギリスの保守党の指導者ソールズベリー(Robert Salisbury 1830-1903)の「膨張的国民は生きる国、非膨張的国民は死ぬる国である。国家はこの二者中その一に居る」との論点を肯定し、活力をもつ国民は必ず膨張して領土獲得を求めると考えた。したがって、新渡戸の植民政策は、客観的には日本の統治の理論を正当化することにあった[41]。新渡戸は九一八事変[満洲事変]後さらに帝国主義の方向に向かい、1932年の「満洲国建国」時、「満洲国」は「民族自決」だといい、故ウイルソン大統領さえ満足するはずだと述べた。彼が勤めた国際連盟に対して、日本が19333月に脱退したとき、彼は、国際連盟は政治機関たるべきなのに、どうして司法機関のように日本を糾弾する誤謬に陥っているのかと批判し、一貫して日本の行動を弁護した。このときの新渡戸は明らかに国際主義の擁護から帝国主義の擁護へと転じていた。

 

 戦後、日本銀行が1984年に紙幣の図案設計を変更した際に、福沢諭吉像を一万円、新渡戸稲造像を五千円、夏目漱石像を千円の図案に採用した。この三人は武士道への積極的称賛を示しており、三人の見方は一致していたとはいえ、微妙な差が存在していた。しかし、明治期の日本人がかなり武士道の影響を受けていたことも示している。

 

 福沢は188410月の中国分割図において、日本が台湾を割取することを予言し、新渡戸稲造は日本の台湾割取後の1899年、「武士道―日本人の魂」を著し、甲午戦争[日清戦争]で鴨緑江、朝鮮、満洲戦役に打ち勝ったのは日本人の祖先の霊魂であると褒め称えた。以上二人の侵略精神は侵略、植民された人民からいえば、日本人に追随して称賛する道理はない。

 

 夏目漱石の武士道に対する積極的評価は1910年日本海軍の潜水艇で事故が起こり、14人の船員全員が脱出できず、艇内で死亡したことと関連する。夏目は艇長佐久間勉の遺書に「小官ノ不注意ニヨリ陛下ノ艇ヲ沈メ部下ヲ殺ス 誠ニ申訳無シ サレド艇員一同死ニ至ルマデ皆ヨクソノ職ヲ守リ沈着ニ事ヲ処セリ」と書かれていたことと、以前イギリスの潜航艇が同様に不幸な事故に遭遇したときに船員が死を免れるために争って窓のほうへ逃げようとして遺体が折り重なっていた状況とを比べて、間違いなく日本の武士道のすばらしさに感動したのである。日本海軍の一指揮官は武士であり、「陛下ノ艇ヲ沈メ」、「部下ヲ殺」したことに、かくも責任を痛感したことこそ、文学者夏目漱石を感嘆させたのであり、これこそ武士道が敬慕を受けるところなのかもしれない[42]

 

 



[1] 和辻哲郎、古川哲史校訂『葉隠』(東京、岩波書店、1973年)上冊、191頁。

[2] 同上、中冊、161頁。

[3] 同上、中冊、184頁。

[4] 同上、下冊、52頁。

[5] 『日本残酷物語』、『歴史と旅』臨時増刊(東京、秋田書店、19923月)164-187頁。

[6] 秦郁彦、佐瀬昌盛、常石敬一編著『世界戦争犯罪事典』(東京、文藝春秋社、2002年)27-31頁。[引用部分は同書29頁の「紀念館」のプレートの写真によるものである]

[7] 檜山幸夫『日清戦争―秘蔵写真が明かす真実―』(東京、講談社、1997年)117頁。

[8] 井上晴樹『旅順虐殺事件』(東京、筑摩書房、1995年)28-30頁。

[9] 『旅順虐殺事件』31-32頁。

[10] 石河幹明『福澤諭吉傳』第三巻、(東京、岩波書店、1932年)756頁。

[11] 『世界戦争犯罪事典』31頁。

[12] 『旅順虐殺事件』90頁。

[13] 杉浦和作『明治二十八年台湾平定記』(台北、1896年)71頁;日本参謀本部編『明治二十七八年日清戦史』、許佩賢訳『攻台戦紀―日清戦史、台湾篇』(台北、遠流、1995年)184-193頁;許佩賢訳『攻台見聞―風俗画報、台湾征討図絵篇』(台北、遠流、1995年)150-152頁;許世楷『日本統治下の台湾―抵抗・弾圧』(東京、東京大学出版会、1984年)50-51頁。

[14] 『攻台戦紀』248-253頁;『攻台見聞』294頁;『譲台記』60頁、63頁、64-65頁;『瀛海偕亡記』11頁、15頁;姚錫光「東方兵事紀略、台湾篇上」、『台海思慟録』所収61頁;洪棄生『瀛海偕亡記』(台北、台湾銀行経済研究室、1959年)24-25頁。

[15] 『攻台見聞』422頁;『譲台記』69-70頁。

[16] 台湾総督府『陸軍幕僚歴史草案』巻一、621日の項;台湾総督府警務局編『台湾総督府警察沿革誌』第二編、上巻(東京、緑陰書房、1986年、復刻版)432頁、436頁。

[17] 苫地治三郎『高野孟矩』1897年、252-253頁。

[18] 『台湾史料稿本』巻六、58頁。

[19] 『台湾総督府警察沿革誌』第二編、上巻、436頁;『公爵桂太郎傳』乾巻、735頁。

[20] 『台湾総督府公文類纂』23巻永久乙種第十門軍事、明治29711日。

[21] 『台湾総督府警察沿革誌』第二編、上巻、512

[22] 『台湾総督府警察沿革誌』第二編、上巻512頁。

[23] 台湾総督府法務部編纂『台湾匪乱小史』(台北、台南新報支局、1920年)22頁。

[24] 『台湾総督府警察沿革誌』第二編、上巻、454頁。

[25] 『台湾総督府警察沿革誌』第二編、上巻457頁。

[26] 『台湾総督府警察沿革誌』第二編、上巻、460-461頁。

[27] 『南投県革命志稿』176-181頁。

[28] 秋澤次郎『台湾匪誌』(台北、杉田書店、1923年)295頁。

[29] 後藤新平『日本植民政策一斑』(東京、拓殖新報社、1921年)27-28頁。

[30] 王国?編著『台湾抗日史』(甲篇)台北文献委員会、1981327頁。

[31] 石井満『新渡戸稲造傳』(東京、関谷書店、1934年)172-173頁。

[32] ジョージ・M・大城「メリー・PE・新渡戸―戦前の国際人新渡戸稲造の妻」、『新渡戸稲造研究』第八号(1999年)143-166頁。

[33] 新渡戸稲造著、矢内原忠雄訳『武士道』(東京、岩波書店、1969年)11頁。

[34] 同上、13頁。

[35] Walter LaFeberThe ClashA History of U.S.-Japan Relations,Newyork,W.W.Norton&Company,1997,p.81.

[36] 矢内原忠雄編『新渡戸稲造文集』(東京、故新渡戸博士記念事業実行委員、1936年)492-494頁。

[37] 『武士道』126頁。

[38] 『武士道』127-128頁。

[39] 同上、129頁。

[40] 同上、137-138頁。

[41] 北岡伸一「新渡戸稲造における帝国主義と国際主義」、岩波講座『近代日本と植民地4―統合・支配・論理』(東京、岩波書店、1993年)179-203頁。

[42] 俵木浩太郎『新・士道論』(東京、筑摩書房、1992年)6-7


top